無線 自作: Tiny SG Ver-2 その3

Tiny SG Ver-2の動作確認です。
画像

 操作ボタン上から
  周波数(バンド):ダウン(左)、アップ(右)
  出力レベル S :ダウン(左)、アップ(右)
  メモリ/TONE  :ストア(左)、CW/800/400(右)
  レベル可変   :ダウン (左)、アップ(右)

基本動作の確認です。
・各バンドでSメータのメモリに合わせた出力レベルを設定し、メモリーします。
・選択レベルメーターや、スペアナがあれば校正できるのですが、すでに処分済みにつき、手持ちのリグをSGで校正しておいて、合わせます。
・Sメーターの目盛は、メーカー、機種ごとに校正値がことなりますので、S7です、S9のレポートに振り回されないように!
・余談:プリアンプ入れて、どんどん相手の信号が強くなるのはおかしいですよね!
  
結果
・元の出力レベルが高すぎて、絞り込めない事が判り、外付けで20~30dBのATTを用意して再確認です。
   



■今日のSSN
SN:156 A:3  K:0

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック