池井戸 潤 ”ようこそ、わがが家へ”を読みました

身近に感じます パートⅡ
画像
・主人公の勤務先
  同じ区内に住んでいます。

・主人公の住まい
  最寄駅となりのセンター北へは何度か行きました。
  センター北/南駅の中間にある温泉です。(両駅からどちらも徒歩5分)
   港北天然温泉(Spa Gardish)
  http://www.gardish.com/index.html
  小説には登場しませんが、一時期、勤務先から近かったことと、その先の駅”東山田”に友人が住んでいる。

・出てくる場面
 ①登戸駅周辺
  長女が生まれた時、近くに住んでいた。
 ②秋葉原での買い出し
  電気街はMy Favorite spotです。
  誤解の無いように書きますが、純粋な”ラジオ青年/親父”で、電子部品の買い出し数十年。
  社会人として上京した時から、電気街のアキバであり、AKBだの、なんちゃらCAFFには縁がありません。
 ③武蔵小杉駅(南武線)
  銀行の上の階に関連会社あり、頻繁に訪問。裏にはうまいおでん屋がありました。(今は?)
  容疑者を見かけたHOTELも何度か利用したことがあります。(ずいぶん昔の事ですが..) 

と云うことで、楽しく読ませていただきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック