知床探索その3(三日目)

最後のイベントである、クルーズイングによる海からの半島探索と、野生のヒグマウオッチングです。約60人乗りのボートで約2時間。
画像港には網走からこの時期のみ流氷探索船オーロラ”ガリンコ号、ⅠとⅡ号”が出稼ぎに来ています。


画像

乗船した船とコースです。 

画像 

画像
海側から見たフレペの滝 

画像
フレペの滝の反対側、”男の涙”  


ヒグマ登場
画像
海岸は断崖絶壁で上陸出来そうなところはほとんどありません。いよいよヒグマの登場です。
200kgは超える親熊と小熊ですが、船から見ると豆粒サイズです。
野性的な鮭のハンティングも遠巻きながら狭い川のところで見ることが出来ました。
船長は、良くこんな小さなモノを見つけるな~と感心していたら、一部の熊には生態調査の目的で、GPSを埋め込んでいるとのこと。納得です。 

画像
ゴジラ岩
ウトロ港のシンボル?です。
ここにも大きなゴジラが....  


残念ながら知床の山々を顔を見せてはくれませんでしたが、海も穏やかで楽しい時間を過ごすことが出来ました。戻りでの沖のコースでは、沢山の鮭釣り船(一般客)が出ていましたが、当たりは少なかったようです。
画像
知床斜里 天に続く道
http://kando.jtb.co.jp/detail.html?pcd=7

国道334・244号線の全長約18kmと農道とあわせて、全長約27kmの直線道路は「天に続く道」として有名だそうです。
写真は上記サイトから拝借。 


この後、女満別空港からそれぞれ6便に別れて帰路となりました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック