また、増えてしまった-その2。(クロスニードルSWR・パワー計 CMX-200)

増やさないつもりでしたが、またまたポチリました。
COMETの クロスニードルSWR・パワー計 CMX-200です。
パネル面です
画像 

背面です
画像 

LED化して照明してみました(右)。
画像 

先日のSX-240Cとのサイズ比較です。
画像 

仕様です
・周波数範囲  :1.8~200MHz
・電力測定範囲 :0~3KW(HF)、0~1KW(VHF)
・電力測定レンジ:30/300/3KW
・電力測定確度 :±10%(フルスケール時)
・SWR 測定範囲 :1.0~∞
・インピーダンス:50オーム
・残留 SWR   :1.2以下
・挿入損失   :0.2dB以下
・SWR測定最小電力:約6W
・コネクター  :M型
・照明用電源  :DC11~15V 約450mA
・寸法     :W120×H80(85)×105(125)mm 
・重量     :約623g


気に入っているところ
・前回のSX240C同様、送信電力200w機にマッチした、300wレンジがあること。
・SWRの測定に校正が不要。(進行・反射電力が同時に表示。クロス点がSWR値を示す)
・SX-240Cには無い、簡易型ではあるがPEP表示機能がある。(ポチった最大の理由)
・サイズが手頃

残念なところ、
・センサー部が分離できない。(同軸ケーブルに引っ張られる)
・気に入った点のPEP表示が今ひとつ(追従量/振れが少ない)。
後日、改造にチャレンジしてみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック