今日の工作(RS-232C D-SUB 25p/9pコネクタ変換ケーブルを作る)

以前修理した広帯域受信機(AOR AR-3000A)は、PCからも制御出来る様ですがレガシーのRS-232Cです。
しかも25pinです。メインPCにはComポート(9pin)を拡張しているので、変換ケーブルを作ってみました。
画像  

最初は手抜きで、TxD/RxDとGND(CTS-RTSはマルチ)のみ接続したのですが、NETで見つけたソフトでは動作しませんでした。
画像  

あらためて、9pinフルで配線し直したところ 無事制御できるようになりました。
画像  

以下は、Air Bandで羽田タワーと航空機の交信がモニター出来る様になりました。 \(^o^)/ (めでたし めでたし!)。
画像
まだソフトの使い方がよく判りませんので しばらく楽しめそうです。 


ちなみにUSBドングルタイプのSDRの方が簡単です。(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック