Icomから新製品(VR対応外部モニター LC-VR41)

本日(4/1)のIcomのFBによるとユニークな新製品が発表されています。
 
■アマチュア無線の電波状態を仮想現実として視認化できるVR対応外部モニター LC-VR41 を新発売!
 LC-VR41は、HF帯/50MHz帯対応のアマチュア無線用外部モニターです。
 
 前面ディスプレイに表示される要素と各種ボタン、ツマミをあたかも目の前にあるように表示。
  また、ウォーターフォールを3次元化し、立体的に電波状況を把握することが可能となります。
 さらに、受信した電波のオペレータがすぐ目の前にいるようにQSOできるアイボールVR機能も搭載しました。
画像  


詳細はこちらで確認下さい。
http://www.icom.co.jp/fb/LC-VR41/

■バーチャルスクリーンモード
画像
 前面ディスプレイにあたる部分が、空中に大きく浮かび上がります。大きな文字で見やすいうえに、タッチ操作も楽々。サイズは従来クラスの7インチから、迫力のシアターサイズまで自由に拡大することができます。メイン周波数はaさん、サブチャンネルはbさん、ツマミはcさん……と、複数人で協力してQSOするのも楽しいですよ!
 

■オプション LP-3 ヴァーチャル太陽黒点生成ユニット
画像
 特殊なレーザーを太陽に向けて発射することで、バーチャル太陽黒点を形成できます。太陽サイクルを操作する(つもりになる)ことで、電波伝搬の飛躍的な向上(が起きたムード)を実現します。LC-VR41をアイボールVR™機能で運用時には、映像の鮮明化(ができたような空気感を醸し出すこと)が可能です。
  


太陽黒点生成ユニット
 この様なものが出来ると、年がら年中コンデションがあがり、寝る時間が無くなりますし、サラリーマンDXerは休暇申請件数が増えて、親戚の不幸では足りなくなりそう(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック