メータの振れないアンテナチューナ 整備完了

画像
 

年末に不具合部位の特定(ここ)を終えていたチュナーの最終修理が先日完了しました。
画像


Di交換必要なセンサー基板
 

画像
手配していた、回路図指定のダイオード1S34Aです。 

基板外すのが大変なのですが、十分なスペースがありましたのでDi交換は難しくありませんでした。

指定部品なのか、200W入力でそれほどずれてはいなかったので、微調はパスとしました。
画像
上段は200WでLow rangeで
下段は200WでHigh rangeで
 

大型のローラーインダクターの採用で、SWRが簡単に落とせますので便利ですが、なんともサイズが無線機より大きく設置場所確保が難題です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント