DAYTON 情報 PolEx Technologies 500W送信機

リニアアンプではありません。送信機だそうで、”70年代以来のHamトランスミッタ技術の最初の重要な進歩!”だと。
PolEx Technologies
画像


画像
開発者です


詳細は
https://www.polex-tech.com/
・160〜10mのHF、500W出力、
・SSB、CW、AM、FM、RTTY(AFSK)
・ほとんどのメーカの無線機とCATで連動 (周波数・モードを取得)
・CESSB圧縮
・5kHzオーディオAM、ESSB
・80%以上の効率(電源内蔵 100~240V)  D級アンプ?
・小型サイズ 36Wx 14H x 23D mm 重さ 約 6Kg
・その他:USBポート、VOX / PTT操作 、TX音質調製
・2020発売予定?

温故知新か、昔は送信機・受信機のセパレート化が標準でした。
そのうち、送信・受信回路の共通化を図り(コスト)、操作性を改善したトランシーバスタイルになってきました。
送信に関して云えば、同じ100Wなら 1万円の中古機でも、100万円の高級機でも飛びは変わりません。
この送信機1台あれば、HF帯の設備申請は1回で済み(スプリアス認定が解決すれば)新機種買い替え毎に申請する必用が無くなりますね。

以下は私が開局当時(1967?頃)の設備です。
画像


送信機③は頂いた抜け殻ケースに3.5/7/21の自作の送信部。その他、電源①・変調機②・可変発信器④・監視用メータ部⑤と、メーカ製受信機⑥のセパレート型と超豪華?な設備でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント