バンド内パタパタノイズの源

Over-the-Horizon Radars Continue to Plague Amateur Bands
バンド内を賑あわす、迷惑なノイズ源についてRig.Ⅰからのレポートです。
画像
 

ネタもとと原文はこちらから
https://qrznow.com/over-the-horizon-radars-continue-to-plague-amateur-bands/?fbclid=IwAR0HfAX4Wgl2f-3CSw_QhWQ8IrCFnUeoF20CL4eDXpIIMh6h_tjroccIuSY

google翻訳そのままで
地平線上のレーダーはアマチュアバンドを悩ませ続けます

国際アマチュア無線連合地域1監視システム(IARUMS)は、20メートルで「新種の」越境(OTH)レーダーを報告します。
極東から発しているように見える侵入信号は5月の間に14.140 - 14.150 MHzで監視されました。
もう1つの中国の広帯域OTHレーダーが15メートルに表示されており、信号の幅は160 kHzです。
イランのレーダーは28.860 MHzを中心とした10メートルに現れており、E-spの間にヨーロッパで聞こえます。信号の幅は約46 kHzです。 14.127 MHzを中心とするロシアのOTHレーダー「Konteyner」OTHレーダーは、12 kHz幅の信号で観測され続けています。

2017年に初めて聴かれた、中国からのいわゆる「Foghorn」OTHレーダー、および他のOTHレーダーは、いくつかの20メートルの周波数で発見されました。 Foghornは他のバンドで聞こえてきたバーストレーダーで、信号は頻繁に飛びます。この信号は、66.66 /秒のスイープバーストを伴う周波数変調オンパルス(FMOP)です。

ソビエト連邦の崩壊後に出現した独立国家共同体(CIS)から、FMを使用して、タクシー交通量は10メートルで表示され続けています。
IARUMSによると、極東の海賊はUSBを使用して14.000 MHzで送信し、20メートルを「悪用」しています。 IARUMSモニターはまた、28.000〜28.500 MHzの間にいくつかのフィッシュネット(ドリフトネット)ブイを記録し、キャリアを送信した後にCW IDを送信しました。オセアニアにあると信じられているCodanの選択的呼び出し(selcalls)は7.108から7.150 MHzの間に聞かれました



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント