DCプラグを造る

大した話ではありません。
点検で持ち込まれたハンディトランシーバーの最大出力確認の為、外部電源の供給が必用になりました。
手持ちのDCケーブルでとりあえずしのぎましたが、サイズが完全にあわず、手で押さえながらの確認になってしまいました。
1.JPG
DCプラグには、こんなに種類があります。
1a.jpg
サイズのマッチしたDCプラグもジャンク箱にありましたが、
・とても1A以上流せるケーブルサイズではない
・先日入手したシリコン系の接着剤がたっぷり残っている
・一体成形されたケース部を半分に切り、彫刻刀で内部を掘り出しスペースを確保出来そう
と、ケーブル交換することに。
2.JPG
2a.jpg
少し太めのケーブルと交換します
3a.jpg
半田づけ完了後、接着剤を塗布してしばらく放置。→ 完成です。
4.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント