アンテナ(Cushcraft R8)SWR再調整してみました。

昨日のステー追加工事の際、各バンドの同調点の調整にチャレンジしてみました。
図中、
 ①台風15号直後
 ②切れたトラップ修理とゆるみ部分の手直し後
 ③ステー追加工事にあわせて各エレメントを長を微調整したものです。
なお、メーカの取説で、運用周波数に合わせられるのは、7,50MHzのみです。説明はありませんが、エレメント長の調整できるのは、24,21,28MHz帯のみで、10,14,18MHz帯は調整ポイントがありません。

1)7MHz帯
  約300kHzほど下げるのにメーカ指定967mmから1380mm長に変更。(変化幅は7.3kHz/10mm)
7M.jpg
2)10MHz帯
 現状では調整個所がわからない(無い)ので結果に大差は見られませんでした。残念ながら、帯域内は3.5と高いのでしばらくはチューナのお世話になりそうです。
10M.jpg
3)14MHz帯
  10MHz帯同様です
14M.jpg
4)18MHz帯
  10,14MHz帯同様ですが、若干改善されています。
18M].jpg
5)21MHz帯
  約450KHzほど上げようメーカ指定89mmから50mm長にしましたが、変化幅250kでした。(64k/10mm)さらに40mmほど縮めるか!
21M.jpg
6)24MHz帯
  メーカ指定89mmから70mm長に変更してみましたが、微変でした。
24M.jpg
7)28MHz帯
  メーカ指定254mmから220mm長に変更。変化幅約300K。(8.8k/10mm)現状ベスト?
28M.jpg
8)50MHz帯
  前回、メーカ指定114mmから150mm長に変更してベストでしたのでそのままにしていましたが、元に戻す必要があります。
50M.jpg

 建設直後はメーカ指定サイズで良かったので、トラップ2本を保守部品で調達予定です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント