Cushcraft 最終SWR、R8のステー治具 R8GKもどきを作る

今日は午後から青空に変わりましたので、屋上で写真撮影です。左が、台風直後の曲がり、右が昨日修理後の状態です。
修理の経緯
1.jpg
上手くいったたので、下からも!  やはり、真直ぐは気持ちが良いですね! 
2.JPG
SWRもエレメントを微調整しましたが、修理前よりは良くなっています。青色:修理前、 緑色:修理後 各バンドの同調点では1.5以下。 バンド帯域内もほぼ2以下に収まっています。

3.jpg

バンド毎のSWRです。(上記カーブでは判りにくいので帯を重ねてみました、6mは50~52MHzまで)
Band SWR.jpg


さて、ステーの件です。
Cushcraft R8アンテナ本体の取説には、ステーについての説明はありません。が、風でかなり撓るので心配になって3本ステーと今回の強風を想定して、その上段にも追加し 2段重ねとしていました。
その後、販売元のカタログを眺めていたら、R8 Guy kitというのがR8とR9用にステーキットとして販売されていました。
メーカーとしては、1段ステーで十分と考えているようです。

1.jpg

私はこのような機材を使わず、直接ナイロンロープで 縛り付けているだですが、DIY店の塩ビ管の部品棚で代替えになるようなを見つけました。ステンレス製ではないので、錆が心配です。(メーカにはステン材もある様です)
名称は”吊バンド”、サイズ的には15A(21.7φ),V-20(26φ)というのがよさそうです。
取付ネジには1本、2本用があります。

2.jpg
試しに上段用にL型器具とクリップを合わせてて作ってみました。
ボルトの中間のナットは締めすぎ防止様です。強度が判りませんが、頑丈すぎてもいけないとの意見(誰の?)を取り入れてこの様な形状にしてみました。内側の穴で3 or 4方向に対応出来ます。
3.JPG
次回、使ってみようと思っています。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント