WSJT-X 2.1.1(11/26リリース)

11/26に改版版が発表されていましたが、1週間程待って(様子見)インストールしました。
上書きですので、簡単です。バグ修正なので、画面はかわりません。QSLネットによれば、前回からのバグ修正で内容は以下の通り。
---------------------------------------------------
WSJT-X 2.1.1 は前回の2.1.0のバグ修正版です。
1)UDPメッセージプロトコル文書化
2)設定ウィンドウが真っ黒になってしまうバグを修正
3)4文字の特定CQにおけるメッセージデコードバグを修正
4)Omni-Rigとの連携でクラッシュするバグを修正
5)未交信4桁グリッド以外に未交信2桁グリッドをハイライトするオプションを追加
6)Foxモードで”Enable TX"が不必要にオフになってしまうバグを修正
7)FT8のDXペディションFoxモードで重複QSOをログする
8)送信オーディオ周波数が変化したとき、GFSK信号を再発生する
9)ハッシュコード<...>で表示したコールサインをダブルクリックしたときの動作バグを修正
10)バンドを変えたとき、交信済みと誤って判断するバグを修正
11)WSJT-X 2.1 ユーザガイドを更新
12)macOSのツールチェインが誤った実行ファイルを作成してしまうバグを修正
------------------------------------------------

WSJT-X 2.1.1のDLはこちらからどうぞ、

欲しい機能
1)ノーマルとF/H モードのワンクリック切替
2) 例 JA**** RR73; JH**** <CT9/DL****> -18の様なラインから <CT9/DL****>部のみをピックする


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント