100均の鉛筆削り

無線機修理の際、図面トレースで赤色鉛筆を使っています。PCでPDF図面も便利ですが、基板間の信号を追いかけるには紙図面のほうが楽です。昭和生まれの高齢者ですから、鉛筆は当然ナイフで削れますが散らかるのがいやなので、つい買ってしまいました。

と前置きが長くなりましたが、これが今回購入した100均の日本製鉛筆削り器です。

DSCF5662.JPG

なぜか、鉛筆が挿入できません。

鉛筆挿入穴位置と削り基台の取り付け位置がずれています。接着固定につき手直しできません。取り換えも面倒なので、マイナスドライバーで少し穴を広げてみましたが、それでも足りずヤスリで削りました。

DSCF5664.JPG

100均製品と割り切っていますが、初めての機能不全でした。日本製と大きく表示されているのに残念です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント