W1JR型フイルターを作ってみた

部品整理中、型式不明な わりと大型のコアを発見。以下のサイトを参考にサイズや適当に巻いて測定した結果から、アミドン製のT200-#6(カーボニル鉄コア)に近いものではと想定。
http://jf1vru.web.fc2.com/troidalcore/FerriteCore.htm
試しに途中から巻く方向を逆にする、W1JR巻きでチョークコイルを作ってみた。
Mini VNAで測ると、Lossが10dB程度少なく、2.13μHと先人の発表している測定値の3桁には程遠い結果でした。
上記のサイトでの計算値とは、近い値を示しています。LCR計との差も近似値です。
W1JR.jpg




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント