今日の工作 Bias Teeを作る(その1)

屋上アンテナ直下に電源が必要になりました。現状、①HF+6m用 ②VU用の2本の同軸のみで、追加ケーブルは難しい状況です。よって、同軸給電しかありません。①の同軸には、すでにアンテナスイッチ用に使用済みですので②の同軸給電の検討です。
Bias Teeとはお茶との関係は全く無関係で、下図の通り回路がT型からこう呼ばれるようです。この回路は、DC電圧を無線機側とアンテナ側をコンデンサー切り離し同軸ケーブルに給電するものです。
図のようにHF帯での回路や、運用実績は沢山ありますので自作も簡単ですが、UV帯の経験がありませんので、コンデンサ値を求める実験から始めました。UV帯のプリアンプ等は、リレーでバイパスしているので、RF出力には影響しないようです。
BT .jpg
伝送Lossを 22p,44p,1000p,2000p,0,01u,0.01u等で確認した結果、430Mでは22p、50M側では2000pがよさそうな事が判りました。
最終的には、2000pに22pを抱かせて補正することにしました。L値は22uH/68uHでは伝送Lossに差がなく、共振周波数(350MHz付近)も大きな差はありません。実際に形にするには、簡単な回路でも穴あけに手間がかかります。
BT 2.jpg
薄いアルミのケースで組み立てましたが、430M帯ではアース系が弱く補強することに。銅板等手持ちが無かったので、DIY店で探してきました。薄い板厚のが欲しかったのですが、0.3mm以下は扱っていなく、頑張って加工することに。丁度リップクリームの直径が同軸コネクタの外皮側にピッタリでした。これで、50~430M帯まで0.5dB以下に抑えることが出来ました。ちなみに測定はNano VNAです。
BT 3.jpg
一応、アンテナ直下側の分は完成しました(つもり)給電側との確認が終わり次第防水加工します。黒いスリーブ側がDC電圧取り出しコネクタです。
BT 4.jpg

次は給電側を作ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント