今日の整備 IC-7000 RF回り込み

IC-7000 第4段目です。
144/430M帯でのFT8モード狙いで、インタフェースとの接続ケーブルを作成。DINコネの13ピンへの半田付けは年寄りには大変な作業です。(笑)
何とか仕上げたので、ダミーをつないで送信テスト。目的のバンドでは問題なさそうで 安心したのもつかの間、6m以下のバンドではおかしな挙動。そうです。RFの回り込みです。このままでは、通常のSSBモードでも出力を25W程度まで下げないと 止まりません。

早速、自作の感知計をセットし、おなじみのパッチンコアを挿入。3ヶまでは順次効果が確認出来ましたが、それ以上はコアの品種(型番不明)変えながら、他のラインにも挿入してみましが全く効果なし。それでも50wまでOKになりました。
RF1.JPG
RF2.JPG
パッチンコアを6個まで追加してみましが、3ヶの時と大差はありませんでした。
RF2a.jpg
・DIN13ピンケーブル ラインをインタフェースBOX⇔PCラインを切り離すと回り込みは発生しない。→50W以下で運用か?  
このままでは悔しいので、いろいろやってみた結果、一番変化があったのはWSJT-XのTX レベルを上げてゆくと完全ではないが、全バンドフルパワーでも運用上問題ないレベルにはなりました。最も、本機で6m以下のバンドでは運用する予定はありません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント