今日の整備 IC-7000 all mode機(1.9~430MHz)

ハム仲間から、長期保管していたら出力が50%程度に落ちてしまった。修理を楽しむなら どうぞと綺麗なIC-7000を送って頂いた。

1.JPG
スタンドだけが少し錆かかっていましたので、保管中に結露でもしたのかと気にしながら、ついでにコネクターもみがいておきました。
2.jpg

3.JPG
小型で、HFから430Mまでのall-mode 機、あのIC-706,MK2,MK2Gシリーズの最終バージョンのような人気無線機です。

確かに全バンドで出力が50~60%しか出ていません。送信スイッチを押した瞬間、フルパワーまでメータは指示していいますが、すぐ下がってしまいます。それも全バンド共通です。海外のサイトからservice manualをDLして眺めていると、送信制御はHF+6m、144、430MHz帯とそれぞれ出力制御(モニター)しているのが判りました。

全バンドほぼ同じ振る舞いをしているので、ALC系を疑い しばらく回路を眺めながら、外観チック(コンデンサーの液漏れや結露を疑う)kから~。しかし、あまりにも密集構造のため、基板 浮かしての裏面確認は勇気がいります。とりあえず、見える範囲では異常は確認できませんでした。
4.jpg
あれこれ現象観測している中で、30Aの電源を使用しているのに 送信時に電圧が下がるので電源系の問題と判り、一件落着です。

後、気になるのがU帯のSSBでの周波数ズレです。QRVしている局をモニターすると300Hz程 ずれている様に感じます。本機は、モードごとに個別に合わせる様なところはみあたりません。HF帯ではズレ感はないですが、高いバンドほど気になるところです。 
元の仕様が±0.5ppm、430MHzだと215Hz相当ですので スペックアウト。その位なら気にしないでも良いのではと このバンドでのベテラン運用者の声も頂きましたが、精度の高い周波数カウンターが入手出来たら、調整にチャレンジしてみます。

"今日の整備 IC-7000 all mode機(1.9~430MHz)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: