LW用アンテナチューナ MFJ-939

Low Bandを運用したく、ロングワイヤ―(LW)を上げてみました。3,5MHzのFT8モードで何とか北米西海岸は届いている事は確認できましたが、1.8/1.9MHzは海をこえてくれません。やはり、アンテナチュナーは必要かなと思い検索していて、MFJ製品で以下の様な製品が見つかりました。 MFJ-939 plug & Play Auto Tunerだそうで、ICOM機にはAH3/4、Kenw…

続きを読む

100均の鉛筆削り

無線機修理の際、図面トレースで赤色鉛筆を使っています。PCでPDF図面も便利ですが、基板間の信号を追いかけるには紙図面のほうが楽です。昭和生まれの高齢者ですから、鉛筆は当然ナイフで削れますが散らかるのがいやなので、つい買ってしまいました。 と前置きが長くなりましたが、これが今回購入した100均の日本製鉛筆削り器です。 なぜか、鉛筆が挿入できません。 鉛筆挿入穴位置と削り基台の取り付け位…

続きを読む

今日の整備 スーパーキャパシタの交換

ジャンクで入手した測定器、1998年製 オシロスコープです。1)Nicad電池(青□)の長期保存で完全放電したのか、劣化で充電不可  中を見ると、このサイズに合う電池は入手不可。当面、ポータブル使用は無いので外部電源で運用。2)電源投入時、毎回Calibrationが実行される  これが正常動作か不明?なのですが、よく見ると1ファラドと容量の大きい(スーパーキャパシタ)が付いています。   周…

続きを読む

今日のQSO TU5PCT ( Ivory Coast )

2/27 0030(U) 14MHz FT8 今週はDX-peditionでVP8PJ(South Orkney Islands:チリ-南極間の島)と、TU5PCT (Ivory Coast:西アフリカ)がにぎわっていますが、私の設備ではご本尊の信号が入感がありません。昨日の朝、TU5PCTが14Mで ノーマルモードでQRVしているが判り20分ほどワッチしていたら、突然3度ほど続けて-20…

続きを読む

40-10m Mobile Antenna with built-in ATU  MFJから

MFJからの案内が来ました。ATU内蔵のモービルHF帯アンテナだそうで、数か月以内に詳細が発表されるそうな。写真左(Yaesu ATAS-120)の様にコイル内で伸びチジミする今までのもの変わらないように見えます。ATU内蔵型と云うと写真右の様な(ICOMの海外販売品)イメージですがHW?

続きを読む

確定申告、提出完了

自分メモ 国税庁のHPからWEBページで作成、1年ぶりなので少し手間取りましたが何とか終わり散歩がてら提出してきました。 毎年、少しずつ入力イメージが違うような感じがしていますので、手順メモは止めておきます。

続きを読む

42回技術講習会 ”電波による観測・計測技術よもやま話”

昨夕は武蔵野クラブ(JA1YSW)の第42回技術講習会に参加させてもらいました。講師は、川口則幸 国立天文台名誉教授。約2時間、表題の興味深いお話を20名強のメンバーで伺いました。・VLBI技術での、電波位置天文学分野の最新の研究成果計測技術。、→「回転と変動」で、地殻プレート運動、地球中心核の運動、地球磁場変動、月の摂動運動や地球回転、銀河回転などですが、最近話題になっている地球温暖化に関連す…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その7(EFLWとして仮設してみた Step-3-最終)

ラジアル線、給電線等の引き回しは仮設step1,2で傾向が判ったので、今度はエレメント長を22mとして試してみた。参考にしたEFLW-1Kのメーカーオリジナルは13.4mですが、Low Band用には長い方が良いとあり、オプションエレメント長は以下から選択できるようですFeet  m44   13,4(オリジナル長)   53   16,154(仮設した線長)73   22.25(今回の検証長)…

続きを読む

CATV改修工事

我が家は19軒の住居と店舗1軒の集合住宅で、TVはCATVでした。当時の設備ですので、中継器は新型に交換していたようですが、最近のサービス(電話、Net、4k対応等)で 昔からの配線(3C2V)では動作が不安定との事。ケーブルの各戸での交換はできないということで、新規に追加することになりました。建物裏側外壁への追加配線となり、綺麗なものではありませんが仕方ありません。 さすがプロの工事です。引…

続きを読む

JARLアンテナ保険加入者証受領

1年ごとにかけ捨てのアンテナに特化した損害保険です。階下にコインパーキングがあるので、何かあった時にと毎年欠かさずこの保険に入っています。でも、他にも損害保険に加入しているので、本当に必要かどうか検証すべきなのでしょうが、まあ、掛け金が1600円と云うこともあるので.....支払いは昨年10月頃だったと思いますが、証書は先週配送されてきました。(自分メモです)

続きを読む

Elecraft President Day Sale 2/18まで

今朝のElecraft <sales@elecraft.com>によれば、$25~100の割引で米国内は送料無料興味のある方は以下で、President Day Sale ends February 18, 2020.https://mailchi.mp/elecraft.com/presidents-day-sale?e=1dd744b634 大統領の日セール!(ワシントン、リン…

続きを読む

Nano VNA その11 (その9 ”スマホで制御"のつづき)

Android端末からVNAを制御する”NanoVNA-Web-Client / WebApp”が動きました。 Nano VNA その9で、手持ちのスマホにOTG機能が無く操作できませんでしたが、家内のamazon fire HD端末ではOTG機能がサポートされている事が判りました。早速USB A→micro BのOTGアダプタを入手。ちなみにケーブルなしが100均のType Cです。micro…

続きを読む

JARL東京支部大会に参加してきました。

2/9、ご時世がら大勢の集まる所へ出かけるのは如何なものかと思いつつも、QSLカードの転送依頼と情報収集のため出かけて来ました。今年の会場は、”国立オリンピック記念青少年総合センター”での開催。我が家からウオーキングで丁度良い距離でもあります。開場では顔見知りの方を数人見かけましたが、皆さんお仲間とご一緒の様子でしたので、お声がけしませんでした。 司会は今年もJH1CBX Masacoさん(歌…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その6(EFLWとして仮設してみた Step-2)

Step1はここでエレメント長16,2mにたいして、ラジアル微長するも160mと80mバンドはシーソーゲームです。そこで実際にEFLW-1Kをお使いのOMに、ラジアルはどのようにしているかを問い合わしてみました。頂いたアドバイスの様点は、(OMもメーカに問い合わせた結果だそうです)・ラジアルは不要(同軸の外皮をラジアルにする)・同軸ケーブーブルは15m以上・Choke-CMCは無線機側にとの事.…

続きを読む

Omega 900 – 10 band (160-10m ) QRP transceiver

Omega 900は、 Omega +の後継モデル。出力10Wの10バンド(60m / 5MHzバンドを含む)QRPトランシーバー。マイクと電源コードが付属 Technical specification of Omega900:•Rx [MHz]: 0.100 – 30.000•Tx [MHz]:Ham band 1.8 30MHz(5M帯含む)•Mode:USB, LSB, CWU, CW…

続きを読む

今日のQSO HU1DL El Salvador

メキシコとパナマの間に位置する国El Salvadorからドイツのハムによるペデションで2/13まで運用との事。 先日は30mバンドで返信あるも、尻切れで交信完了出来ませんでした。 今日はリベンジです。何とか40mで応答あったものの、一瞬 返信が途絶えたので心配しましたがRR73が確認出来ましたので安心しました。

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その5(EFLWとして仮設してみた Step-1)

GPアンテナのステー(ロープ)にエレメントを這わせることで16,2mがなんとか張れそうなので仮設してみました。給電部とエレメントです。(choke coil,com filter等は無し)ここから約3m離れたアンテナ切替器まで手持ちの20m同軸で接続します。この時の飛び具合です。160mでは1,7エリアと交信出来ました。SWRです。このままでもハイバンドは使えそうです。160mも行けそうですが肝…

続きを読む

1月のSun spot

少しだけですが、SSNが元気になったか?  月末は、28MHzでもオーストラリア局が入感していました。

続きを読む

アンテナアナライザー、PC認識せず(自分メモ)

EFLWの実験中につき、Rig Expert AA-54を使おうと思ったら、なぜかPCが認識しません。COMポートを確認する”ListRE”で確認するも、他の接続機器を表示し、デバイスMgrでも該当ポートが見当たりません。とりあえず、Nano VNAで作業をしていましたが、このままでは困るので、調べてみました。結果:ドライバーを再インストールすることで事なきを得ました。 → http://ja1…

続きを読む

今日の整備 DCコネクタの交換

時折使用する測定器の電源端子を交換。特殊な形状ではありませんが、一般的な形状と交換することで電源アダプタの共通化を図りました。途中の写真を撮り忘れましたが、右がオリジナルの形状で取り外したもので、左がシャックで一番多い形状のコネクタです。完了です。これで、専用のAC/DCアダプタを探す手間が省けます。

続きを読む

密林からドリルビットが届く

アンテナマストブラケット5mm厚のアルミ板(又は鋼板)に8~8.5φの穴開け用で手配したものです。近所のDIY店で、単品ビット2本分の価格で、これだけのセットが購入出来ました。しかも、夕方手配で翌日配送。密林はうちの倉庫?(笑)

続きを読む

Nano VNA その10 (TDR機能を使ってみた)

EFLW(End Fed Long Wire)アンテナ用に同軸ケーブル(RG-58/Uタイプの20m長)を物置から発掘。実長は未確認ですが、コネクタ付き20m品として購入したので間違いは無いと思います。早速Nano VNAで測定してみた。先端Openで19.623m(下図)、Shortで19.663mでした。こんなものかな? アンテナスイッチまでは長すぎるのですが、これで仮設してみようと思って…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その4(アンテナ線の準備)

Un-Unも形になった(と思う)のでワイヤーの準備をしました。手本にしたMyAntenas.com社のEFLW-1Kのツエップタイプを参考に、再調整もできるだけ簡単に出来る様にこんな感じになりました。手持ちワイヤーが16m長でしたので、目的の16.15mにはちょぴり不足。不足分(赤線)を調整用ヒゲ兼用で、100均で見つけた“ギボシ“端子を使い付け足しました。次は、適当な同軸ケーブルの準備、そして…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その3(ケースに入れてみた)

ジャンク箱に 丁度良さそなケースを見つけたので,とりあえず実装してみました。検索してみると、コアの巻き数については6回巻きが良いとか、5回から12回までいろいろです。ケース入れるとき、試しに7回にしてみたところ、先日のデータより良い結果が確認出来ました。やはり6回巻きかと思いつつも、これ以上 ほどくと、巻き位置のバランスが崩れるので、このままワイヤーをつけて確認することとします。Nano VNA…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その2

今日は、1:9になっているかどうかをNano VNAで検証してみました。負荷抵抗は、部品箱にあった470,300,910Ωで測定、1:9ですから450Ω(470でもOK?)のはずです。測定結果(470Ωの時) 300Ωと910Ωの時(参考) 470Ωが、期待値に近い特性が得られました。ひと安心です。 後は,ケースに入れ、ワイヤー長を13.4m 16,15m 22.25mのどれかを どう…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その1

無線クラブのMLで米国MyAntenas.com社のEFLW-1KのツエップタイプのLWアンテナが紹介された。これです。メーカのサイトを見ると、被同調型のロングワイヤ―で1:9のバランを使っているとことが判りました。HF帯全てに同調させるにはチューナが必要とは思いますが、バランだけでも作ってみようと準備を始めました。どうも、ワイヤーの長さが肝の様で、以下の長さを選択できるようです。Feet   …

続きを読む

Nano VNA その9 (スマホで制御 残念)

 失敗談です。 Nanovna.comのサイトには、スマホからVNAを制御する”NanoVNA-Web-Client / WebApp”が紹介されています。 これを使えば、・少しは操作性が楽になる・解像度を上げられるのではとトライするも、私のスマホでは繋がりません。(ERR: デバイスが見つかりません) 真の原因は不明ですが、どうも私のスマホはUSB OTG(On The Go)の機能…

続きを読む

Nano VNA その8 (本体ケースを作る)

専用ケースを作るのは難しい、さりとて落としでもしたら ばらばらになりそうな筐体なのと、1/7の”Nano VNA その4 収納ケース”で保管の際にもカース内で動かない保護方法を考えてみました。ケースの材料は少し柔らかい いつもの百均のはがきケースを利用。タッチパネルなので、上蓋は諦めました。こんな感じです。パーツ収納ケースにもピッタリサイズ(そのように作りましたので Hi)なかなか、いい感じでし…

続きを読む

Nano VNA その7 (SGの代用になるか? 続き)追記あり

先日(1/8)のNano VNA その5 ”SGの代用になるか?で、無線機の受信機能で確認していましたが、小型カウンターが出てきましたので測定してみた。~ < 300MHzではそれなりに出力している事を確認。(校正していないので、精度は別にして....)1) VNAから300MHzを設定するとカウンター表示は100MHz。  仕様上、300MHz以上は3逓倍で納得。299.9*では出力通り…

続きを読む

Nano VNA その6 (LPF/HPFを測定してみた)

使い方に慣れてきたので、手持ちのDuplexerを測定してみた。DUT(Device Under Test)はREVEXのD24です。 50Ω, SWR < 0.2・LPF:1.6~150MHz Loss 0,2dB・HPF:400~460MHz LOSS 0.3dB測定範囲 1M ~ 500MHzグラフ上の青い縦線はハムバンドです。(左:Loss 中:Return Loss  右:VSW…

続きを読む

今日のQSO HR5/F2JD Honduras

Gerard, F2JDが ~4/4/2020まで HondurasからQRV.40mのFT8で交信できました。 03/24/2012 WPX コンテストでも40m SSBで交信していました。 Hondurasはここです また 30mで PA3CPS(オランダ) 40mで E44RU(パレスチナ)、W7HBL(米国)、YO9HP(ルーマニア) 等々、バンドが開けていました…

続きを読む

Nano VNA その5 (SGの代用になるか?)訂正、追記あり

簡易Signal Generatorとして使えるか? の確認です。修正昨日の結果が解せないと思い、VNAからの出力をCH0から受信機に接続し直しました。 また、VNAの設定を手動で入力したところ、Span 0が入力で出来ました。(先般はPCソフトから入力)これで、Center Frequencyを目的周波数に設定。Spanをゼロにすれば、単一周波数が出るはず=SGとして使えるとはずの検証は確認…

続きを読む

ヘッドフォンの耳当て保修

Bluetoothヘッドフォンの耳当て部のクッション部が劣化。赤枠の通り、スポンジ表面がボロボロです。(青枠が元の状態)とりあえずガーゼで応急処置。交換用を密林で探すも、沢山出てきてフィットするかどうかがよく分かりません。一例ですウオーキングの帰り、いつもの100均で300円と高価?な割には安っぽいヘッドフォンに目がとまりました。耳当て部が探していたものとサイズも形状も似ていたのでダメもとで購入…

続きを読む

Nano VNA その4 収納ケース

色々いじっていると周辺コネクタなどが増えてきて、本体添付のケースには収まらなくなりました。散歩の帰り、いつもの100均(Diso)で、はがき用ケースでも買おうと寄ってみました。ついでに、店内ウロウロしていたら なんとピッタリのものがあるではないですか!■上が、見つけた“セクションケースNo.2”です。下がオリジナルのケースです。 ■詰め込んでみました。どうですか? ピッタリですよね! (SMA…

続きを読む

初詣 (1/3の事)

以前は、除夜の鐘を聞いてから家族で近くの神社へお参りに、ご近所さんばかりですが寒い中 1時間くらいの行列がありました。寒い中でもたわいない話やおしくらまんじゅうで、待ち時間も苦になりませんした。(懐かしい思い出です)最近は、家内と娘は御朱印集めに都内のはしごするスタイルか、友人たちと出かけています。私は、毎年変わらず近くの同じ神社に! 今年は混雑を避けて夕方しましたが、境内の行列もなく寂しい限り…

続きを読む

Nano VNA その3

先日の3バンドGPのSWR確認の際、430M帯でPower/SWR計とVNAの測定値の差が気になりました。思いついたのが、VNAでの測定時に周辺の強い電波を受けての誤動作ではないか~と、再度 時間をおいて 何度かトライするも測定結果は変わらず外れでした。残念(しかし、再現性が高い=良い測定器?)PCソフトも試行錯誤で 輝線の色、太さ、縦軸レンジ等の変更等が少しずつ判って来ましたので見やすくなりま…

続きを読む

NYPに参戦しました

1/2,3の2日間で20局以上、新年の交信をするコンテストです。例年、おとそ気分の交信なので、長い挨拶とetcなので結構時間がかかります。 今回は3年目の挑戦。短時間で完了目標に、CQマシン、ヘッドセット、フットスイッチによる送信制御とコンテストLogと準備万端整えて臨みました。まずは、バンド様子見しながら430M,144M帯の運用で呼びに回ってみたら、65分で20局達成出来てしまい、用意…

続きを読む

Nano VNA その2

今日は、3バンドGP(50,144,430MHz帯)のV2000のSWRを測定してみました50MHz帯は、Rigexper AA-55と同じ結果となりました。144MHz帯の結果です430MHz帯の結果です。 手持ちのpower/SWR計 Diamond SX-600でも確認してみました。144MHz帯は、ほぼ誤差の範囲、430MHz帯は??と悩まし結果となりました。 チャンスがあれば、UH…

続きを読む

大陸からお年玉が届きました (Nano VNA)

昨年(12/18)、自分用にXmas toyをサンタさん(e-Bay)に手配しておりましたが、年内間に合わず元旦に配送されました。これです。中身はVNA-nanoです。以前から気にしていたものですが、知人も入手したとのことをブログで知り、肩を押された気分でポチりました。非常に小型です(単四電池はサイズ比較用)本格的なケースではなく、回路基板と同様なもので上下から挟んだシンプル構造です。使い方につ…

続きを読む

Two Solar Cycle 25 Sunspots Appear

QRZ.nowからの情報です。https://qrznow.com/two-solar-cycle-25-sunspots-appear/ごじゃごじゃ書いてあって よう判らんが、要するに予測では、“2つの太陽周期25の黒点が観測された”ことから心配した”17世紀のマウンダーミニマム”の様にはならんだろう。Cycle25のピークは2025年の7月前後か2027年以降になるかもしれないとの推測。ピー…

続きを読む

ゲリラ的 U/V風船アンテナです

名前を”Inflatable Air Antennas” 風船型アンテナです。詳細は以下でhttps://qrznow.com/inflatable-air-antennas-available-from-8th-january-2020/折りたたみ傘より小型、二吹きで2バンドGPアンテナが出来上がります。以下の動画で確認下さい。https://twitter.com/i/status/1210…

続きを読む

IC-705プレ視聴会 結果

昨日、秋葉原でのICOM-705のプレ視聴会に参加してきました。すごい人気、11時開場と聞いていましたが、その時間にはすでにほぼ満席状態。友人が15分過ぎにつくと、入れなかったと。肝心の705を触る人よりカメラマンの方が多く、近寄れませんでした。(笑)残念ながら、技術部門からの参加はありませんでしたので(技術は会長さん直指示で、仕様追加対応で忙しいらしい)。プレゼンで判明したことは、24M以下が…

続きを読む

IC-705プレ視聴会での要望(あったら いいな)

明日、秋葉原でのICOM-705のプレ視聴会に参加予定です。その時に以下を要望(確認)しようと思っています。1)Bluetooth機能  市販のスマホ用等のヘッドフォンが使いたい(PTT機能はなくとも良い)2)Digital通信用設定アプリ  面倒な設定を自動で行うアプリソフト(インストーラ)の提供3)本体両サイド、または下部にねじ止めできる機能  本体・アクセサリ等を一体化 ハンドルの例はUS…

続きを読む

M型コネクタのアッセンブリー

QRZ.NowにK0PIRが、”The Best PL-259 for Amateur Radio Operators”と題してMコネの組み立て動画をアップしています。このコネクタは、日本では見かけたことないタイプですが、BNC型と似ていますね。シールド側の半田付けがないので失敗はないと思いますが、接触部分がすくないのが気になります。動画は9分強ありますので、、お時間あるときにでも。(最後の20…

続きを読む

IC-705がプレスリリースされました

Icomのメールニュースによれば、IC-705の発売予定と価格が正式に発表されました。発売予定はWWで10,000/年だそうで、人気(期待?)の程がうかがえます。Icomさんのヒット商品 IC-2シリーズが2百万台越えとの事ですが、2匹目のどじょう狙いになるか?QRZ.nowから ちなみに、IC-7300,7610は2,000台/年、IC-9700で5,000台/年でした。ML等で頻繁に 情報…

続きを読む

定例飲み会(第35回中華街食事会)

昨日(金)は、定例の横浜中華街での食事会(忘年会)でした。今回も早く出かけ手前の駅で下車。初めて釣り道具屋さんに入ってみました。釣りを始めるわけではなく、アンテナ・ステーロープの代わりに目立たないテグスが使えないかと様子見です。(不純な動機で釣り人には申し訳ありません)使用中のロープの強度が300kgぐらいなので、100号(約130kg)でも不足なのか?  それとも300kgまでは必要かとか、ど…

続きを読む

キーボード新調しました。

床の掃除をするのでしばらく外出してと追い出されました。(笑)それではと、しばらく溜めた部品リストをスマホに転送。久しぶりに秋葉原へ行ってきました。生産終了のアナログICを求め、Netで在庫検索したお店に。店舗は直ぐにみつかりましたが、正面は事務所で壁一面が部品棚。通販専門の様にうかがえ、受付近くの方に探している品名を伝えるとパソコンから保管場所を検索→取り出し→手書きの領収書(現金とりひきなので…

続きを読む

旅仲間との忘年会(熱海)

12/9,10は旅仲間との某宴会を熱海で。Tさんご夫婦は残念ながら参加できませんでしたが、久しぶりの再会で楽しい時間を過ごすことができました。(感謝です)せっかくの熱海なのでと、帰りに皆さんと”來宮(きのみや)神社”にお参りに。 パワースポットの天然記念物 ”大楠”を。一周回ると寿命が一年延命するとの伝説。来年も、お祈り来ることとして 皆さんとお別れしました。

続きを読む

4U1UN has been Back on the Air

NYの国連本部の「4U1UN」は独立した1エンティティーとして扱われたクラブ局。しかし、建物改修工事のために解体され、全ての設備は撤去され、改修後は再開されなかった。その後、スペースを確保したもののセキュリティの関係?か自由な出入りが出来なかった様だが、新しい機器(K3、ACOM2000リニアアンプなど)がクラブに寄付をうけ リモートでの運用が可能になった様だ。アンテナは国連ビル事務棟の屋上(地…

続きを読む

懐かしい人たちとの忘年会

昨晩は元職場(**出向時代)の方々との忘年会でした。私の社会人生活としては家族を連れての転勤で、全ての業務も貴重な体験であり、忙しくも楽しい時でもありました。参加者のほとんどがすでに退職者であり、参加できる方も少なくなってきて、皆さんの話題は懐かしいものではありましたが、悲しいニュースもありました。次回も、このメンバーで再会できるよう約束して散会となりました。幹事さんから集合写真が届き次第、交換…

続きを読む

今日のQSO CT9/DL5AXX Madelra Is.

大西洋上のポルトガル領の島からの運用の様です。今朝、9時前に交信できました。私の後に知人が交信していましたが、彼の大型アンテナはさすがに強い信号レベルを送り込んでいるようですが、受信レベルはおなじだったので、一寸嬉しい朝でした(笑) 此処のはず?

続きを読む

WSJT-X 2.1.1(11/26リリース)

11/26に改版版が発表されていましたが、1週間程待って(様子見)インストールしました。上書きですので、簡単です。バグ修正なので、画面はかわりません。QSLネットによれば、前回からのバグ修正で内容は以下の通り。https://www.qsl.net/ja7ude/wsjt/UpdateHistory.html--------------------------------------------…

続きを読む

11月のSunspot number は連日ゼロ

今年も、残り1ヵ月となりました。さて、11月のSSNは、ゼロ(0,0,0、、、、、)と残念な状況でした。FT8モードでも21,18MHzは近場がほとんど。我が家からは、7MHzで米国西海岸は割と楽ですが、東海岸局は難しい状況です。

続きを読む

A71VV 巨大なアンテナシステムです。

A71VV局(カタール)のアンテナシステムです。詳細はQRZ.NOWで見てください。https://qrznow.com/tower-rotor-xtr36mg-a71vv/このクラスになると、回転はタワー毎まわすのですね。タワーは日本のLUSOの様です。 宝くじが当たれば、だれでも入手できます。(笑)

続きを読む

Elecraft BLACK FRIDAY Weekend Sale

Elecraftのニュースレターで、 BLACK FRIDAY Weekend Saleの案内が届きました。これです。https://elecraft.com/products/specials?mc_cid=87afb57081&mc_eid=1dd744b634 お値打ち価格ですが、JAは直接購入できず日本の代理店EDC社経由になると思います。

続きを読む

8D1SDPPI インドネシアのHAMはイベントが盛り沢山

8/30のQSOとネタとしては古い話ですが、珍しいCall(ピコ太郎のPPAP風?)だと思い FT8モードで交信しておりました。検索してみると、以下の様なものがDLできました。8H1SDPPIは、サイトの説明がインドネシア語なのでよくわかりませんが、災害通信支援のシミュレーションとの関連の特別イベントコールサインだそうです。https://orari.or.id/index.php/2019/0…

続きを読む

今日のQSO VY0ERC Zone 02 (NA-008)

今朝早く、8年ぶりで、Zone 2エリアの局と交信出来ました。自身が”おそらく世界で最も北に位置するアマチュア無線クラブ”と云うだけ、極寒の気象観測所の様です。Eureka Weather Station Eureka, NU X0A 0G0 Canada ( Nunavut (Ellesmere Island) group) Zoneは全世界を40分割したCQ Zoneと、90分割したITU…

続きを読む

納会という名の忘年会

昨晩はJR1ZTIの納会に、OBとして参加させてもらいました。1年を締めくくる納会です。プログラム通り始まりました。①開会の部長挨拶、乾杯 (JN1MSO)②会計報告 (ex7L4EWW)  ③クラブ活動報告④参加者活動報告⑤閉会の挨拶、記念撮影会計報告です参加者もOBが大半を占めるようになりましたが、8月末のハムフェア以来、また数年?ぶりのメンバーとの再会で楽しい時間を過ごさせていただきました…

続きを読む

今日のQSO 5H3UA Zanzibar Is.(AF-032)、VK9CZ Cocos Is. (OC-003) 

日が変わってしまったので、昨晩のQSOですが FT8モードで5H3UAと交信出来ました。相手からのRRが受信できなかったので、しつこく再送 続けてしまいましたがタイミング的には交信できたはずと。念為、Log searchをかけると結果OKでした。FT8ではNew です。良かった 交信相手はここです。 同日、VK9CZ Cocos Keeling Islands (OC-003)も20mの…

続きを読む

東海総通 標語に採用されたそうです

無線仲間のJA1BYM(名古屋 赴任中)が、東海総通の電波利用標語に応募し、見事に採用されたそうです。おめでとうございます。    【放送されるラジオCMナレーション】 皆さん 電波の利用にはルールがあることを知っていますか 外国規格の無線機を使用すると重要な通信に妨害を与えるおそれがあります 電波はルールとマナーを守って安心安全 総務省東海総合通信局からのお知らせでした これが12月の平日…

続きを読む

今日のQSO TX7T Marquesas. OC027

11/6~19までのDXpedition で、当初よりClasterにUPされる度にワッチするもご本尊の信号がみえません。本日最終日、1時間ほど見ていましたが、呼ぶ局ばかり。突然、ご本尊のCQがCopyされましたが、呼んでいる局への応答がありません。ダメもとで、呼び続けると突然自分への応答が浮かび上がり、無事交信を完了することが出来ました。知人らは、簡単に出来ていたので悔しい思いをしていましたが…

続きを読む

友人の海外局(OK2RZ)訪問記(CQ 12月号)

無線仲間のJR1MAUが、9月にMLA48pjメンバーとでチェコとウイン旅行に参加する。現地でOK2RZを訪問するが知っているか?と。早速Logを検索すると”2000/2001年に計5回ほど交信”していた。当時はsolar cycle 23の絶頂期であり、我が家の貧相なGPアンテナでも 結構飛んでいたなあ~と 思い出します。 その旅行記が、CQ Ham Radio 12号誌に掲載されて…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ、交換パーツ到着

今夕6時の配送予定でしたが、今朝 9:15 セイノーS EXPさんが予定より早く届けてくれました。ありがとうございます。安価なのか、関税等一切の追加費用請求はありませんでした。 商品です。(梱包サイズ:14.5x14x95.5cm)梱包材もプチプチを巻いただけの簡素なものでした。 MFJ(Cushcraft)さん、ありがとう! 先日一時修理が終えていますので、本品は予備(次の台風?…

続きを読む

Cushcraft R8 保守部品 日本到着したようです。

10/19 台風でパイプが曲ったので 交換部品としてMFJ(米国)に発注。発送の連絡が来ていたので、FedExの荷物追跡を確認したら、今朝 成田に到着したようです。・11/12 AM メーカ(ミシシッピ、米国)からFedExに集配依頼。・11/14 テネシー州まで国内輸送、11/15米国発、11/16成田勅の様です。この後、通関して11/18 PM6時配送予定との事。一番安い方法での送付を選択し…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 とりあえず完了

MFJからアンテナパーツ送付の連絡あり。やっとです。 10/19 パイプの曲ったトラップをMFJ(米国)に発注。送料と納期を確認するも、送料の連絡はあるも、いつ出荷するかは連絡ありませんでした。  今朝、MFJから11/12 出荷した、FedEx から集配したよ、配送予定は11/18と 連絡ありました。 早く修理品を上げないと、修理結果が確認ができないということで、午後から屋上へ。台風もシーズン…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 覚書その2

トラップ部の曲がりを機械的な補修をとりあえず完了しました。L、Qの確認(メモ)パイプ補強後のL/Q値を前回同様LCRメータで確認。Before(after)値です。測定周波数   L値     Q値   1k    6.5 (6.3)μH   1.25(0.7)  10k   5.48(5.56)   6.68(4.96)      100k   4.98(5.03)   23.9(21.5)予…

続きを読む

11/10の ”ポッンと一軒家”のエンディングでアンテナタワー発見!

昨晩放送の ”ポッンと一軒家 愛知県で発見! 住人は世界で活躍!” を 録画で見ていたら、番組最後のエンディングで 一軒家のすぐ近くにHFアンテナの上がったタワーを発見。 これです。(赤□が一軒家) 確認したい方は、以下のTVerで、 番組最後46分59秒にご注目。 https://tver.jp/episode/64840411 何処(何?)見ているのだと云われそうですが、毎…

続きを読む

IC-705 リニアアンプです。(妄想)

IC-705はTokyo Ham fear 2019で参考出品されたHF~430MHzのポータブル機です。私も近所のノイズ探索に欲しいと、発売を待ち望んでいます。本来、QRP運用が王道?の使用法なのでしょうが、FT-817の経験からHF帯ではストレスがたまり、受信機になっていました。そこで、705専用のアンプがあれば、普段使いができるのではと、AT内蔵のリニアアンプをイメージしてみました。これで…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 覚書その1

台風でトラップ部の曲ったパイプの修理の試み→覚書です。曲ったパイプを交換が出来ないかと頑張って抜こうとしたのですが、簡単には抜けませんでした。当たり前ですね。簡単に抜ける様では、エレメントが風で飛ばされてしまいます。保守部品として、メーカに発注済み(まだ、納期回答はありません)ですので、ダメもとで修理にチャレンジしてみました。1)曲った部分をカットする2)一サイズ細いパイプ(16φ)を中に遠し、…

続きを読む

講習会参加 ”ハムログのお勧めの機能”

昨夕は武蔵野クラブ主催の”ハムログのお勧めの機能”と題して、ソフトの開発者であるJG1MOU浜田OM講師による講習会に参加させてもらいました。・開発経緯は、パソコンを入手した、Real time loggingできる市販ソフトがなかった。→じゃ自分で作ろう!となったそうです。・講習は、最近公開された新機能の説明が中心。(参加者のほとんどが、ユーザさんでした)→ますますパワフルに、便利に なったよ…

続きを読む

VP6R ペデション 終わる

未交信DXCCだったPitcairn Island、何とか交信出来、ほっとしています。 QRV当初、都内拙宅のGPでは全く聞こえず、居候している標高約1300mの高原山荘(直線130k程離れた)では40m SSBがバッチリ入感していました。Net回線 試しで遠隔で呼んで見ると 1発で応答あり、あっけなく出来てしまいました。 FT-8なら、自宅からでもと注視していましたが、呼ぶのは沢山入感す…

続きを読む

10月のSSNです。

10/1は、一寸上がったものの30日間ゼロのままです。それでも、FT8のおかげでそこそこ交信は出来ていますが、ペデション局のご本尊はGPアンテナでは聞こえません(見えない)。2020の予測です。ミニマム予想が外れることを念じましょう

続きを読む

今月のQSLカード

最近はJARL会長さんのご指導で、配送予定月末の1週間ほど前に配送になっていましたが、今月はぎりぎり31日の夕方配送でした。(それ以前は、翌月遅くて10日後)量の少ないのは後回しになるのでしょう。残念ながら、今回もNew DXCCはありません。・国内 13枚・海外 14枚(SWL 1枚含む) 計  27枚OH8X(Finland) 2011,12年の交信カードです。コンテストでは、協力な信号をE…

続きを読む

40m用にツエップアンテナを仮設しました。

先日の台風で曲ったアンテナ、特性的には保修済みでしたが外観上不安感があるので曲った分を撤去。30m,40mバンドが使えなくなりました。押入れ整理していたら、昔使用した15m/40mのツエップアンテナが出てきました。広帯域アンテナがありますが、屋上設置のアンテナ切替器にポートの空きがありましたので、40m用として仮設してみました。目立たぬ様に、屋上からの高さは給電点で1.5m、先端で約5m高としま…

続きを読む

HF/6m linear amplifier 300W  $700 

久し振りにR3KBOのeb104.ruのサイトを覗いたら新製品がでていました。https://eb104.ru/気になったのが、1)HF/50 MHz power amplifier 1200W   $1,500  MRF1K50H on heat pipes 5" LCD touch screen control  Size 255(h) x 210 x 240 mm、4.5 KG、アツデンの…

続きを読む

Portable Zeroから、ハンドルキット(ICOM IC 7300、YAESU FT-991等用)

米国Portable Zero社から、IC-7300(706,7000,7200)や FT-991(450,817,857,891,897)等用に移動用ハンドルキット やキャリングバッグが発売されています。このハンドルキットがあれば、突起部の保護が簡単に実現してくれますね!($89) ($23)詳細は、以下でhttps://portablezerostore.ecwid.com/# …

続きを読む

YBのHombuilderからSDR機HSDR2 prototypeが!

以前、YB(インドネシア)からのQRP機 HBR602-LCを紹介しました(ここ)が、次機種としてSDRスタンドアロン機が発表されました。ICOMのIC-705を意識したかどうかは判りませんが、.....詳細は以下でhttps://diankurniawan.wordpress.com/2019/10/08/hsdr2-prototype/ ・STM32F407 sebagai display…

続きを読む

今日の整備 FT8 用インターフェースの改造

先日作成したインターフェース、なぜかVOXモードでのFT8が遠隔でうまく送信できません。(送信が断続となる)それではと強制PTT方式とすべく、USB/シリアル変換モジュールを追加して、RTS信号で対応。実験中。とりあえず、使い古しのケースに組み込みました。穴だらけのケースでしたので、シールをはりごまかします。今度はうまく動きました。 ケースを新調し、動作確認用のLEDとRTTY/KEYer モ…

続きを読む

配送事故?

もう、何年も年間購読していますが、この様な状態で届いたのは初めてです。幸いなことに、中身は全く問題ありませんでしたが、なんとも中途半端な補修ですね。

続きを読む

今日のQSO VP6R Pitcairn Islands OC-044

 VP6R 2019.10.18 09:103U 7M SSB  久々の遠隔運用でgetできました。DXCC 1upです。 120km離れた高原(標高1300m)に設置された送信機を、自宅から操作しています。 Desplayの赤いところ(南太平洋)がPitcaim島です。

続きを読む

今日の修理 R8のトラップに遊ばれています。

台風で根元が曲ってしまったトラップを、だめもとで修理に挑戦しています。1)トラップの共振確認まずは、現状把握の意味で手持ちのアナライザーで確認してみました。アナライザーはMFJ-259Bとオプションのデップメータ用コイルMFJ-66です。MFJ-66は、今回初めて使います。はじめは、デップ点が見つからず、測定方法が悪いのか(結合が十分とれていない~)と悩みました。あきらめずSWR表示用のメータを…

続きを読む

台風19号の爪痕。追記あり

被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます 12日、風は21時過ぎから30分程度、瞬間的にはかなりの強風だったようです、1FのELVホールの前は 近所から飛んできた枝葉が散乱していました。17号後、風対策として屋上アンテナもステーを追加して2段としたのですが、残念ながら先端部で曲ってしまいました。 対策時 19号での被害中央と右の2本は、”柳に風”スタイルで心配していたのですが、何とか堪…

続きを読む

台風19号( 10/30) 16時過ぎ~ 

先ほどまで強い雨が降っていましたが、急に小ぶりになりました。**前の静けさか?さすがに台風エリアの飛行機は少ないです。飛んでいるのは台風より上空を飛行中なのでしょうか?多摩川、荒川が氾濫危険水位を超えた様で心配ですね。風はこれから強くなる模様。追記 21時過ぎから急に風が出てきました。はじめは突風が数回、その後ゴーゴーと連続的な風が21:40頃まで続き、その後はぴたりと止まり雨も小降りになりまし…

続きを読む