高所作業、お疲れ様でした。(アンテナ修理)

何時もご指導頂いている大先輩のお二人(80代、70代)が、28MHz帯のアンテナが不調ということで、鉄塔に昇り点検修理をされました。 巷では桜満開、気温20℃と今日は暖かい日和でしたが、現地 海抜1120mの浅間高原では、まだまだ寒風が吹いているそうです。 不調の原因は、バラン内での断線(半田剥がれ)だったとの事。予備品と交換して無事完了したとの連絡を頂きました。  大変、お疲れ様…

続きを読む

プチ修理です

愛用のヘッドセット HEiLのPro-set(HC-5)です。 以前はケーブル先端のプラグ部の断線でしたが、今度は耳元の部分でした。 ケーブル部分だけ保守パーツとして入手(米国)は可能のようですが、応急処置で不良部を切り取る処置を致しました。切り取った患部です。 ケーブルは半田処理の苦手なエナメル?処置がされており、手間取りますが、無事完了です。 一寸格好が悪いですが、タ…

続きを読む

プチ修理です(メータランプ交換)

整備中の機器のメータ照明用の麦球が切れいます。 当然、LED化ですが、普通のLEDの頭を削ってみましたが、メータ両端までは拡散してくれません。秋月でランプ風のLEDが発売になったとの情報がありましたので試してみました。 LEDに麦球についていた緑のカバーをつけた状態です。 実装した状態です。 カメラで写すと、なかなか いい感じに見えますが、肉眼で見ると輝度が不足気味です。 …

続きを読む

プチ修理です

Skype用に仕様していたヘッドセットですが、Micが不調になりました。 安価なものなので新しいものに取り替えましたが、貧乏性につき 捨てる事が出来ませんでした(ヘッドフォンとしては使用可)。 【写真は先端部(赤丸)を交換した修理完了品です】  プラグのところで断線していました。 外皮の中は、樹脂でモールドされていましたので、断線部の写真撮影には失敗しました。 配線は、エナメル…

続きを読む

本日の修理品(アツデン PTT-1)

マイクアンプ付きのPTTスイッチです。ジャンクとして入手した時は、マイクアンプだけでも使えればと思い購入。 (売り手は壊れているの一言。詳細は不明です) 送信切替機能が故障しているので、製品名PTTがすたれます。何とかしようと分解するも、表面実装部品で品番が判りません。どうせ終段部のSW-TRだろう適当なTRとバイアス抵抗を付けても動作せずお蔵入りしていたものです。 写真は修理完了…

続きを読む

NOTE-PCのリチウム二次電池交換

古いnote pcが立ち上がらなくなりました。 原因は内蔵のバックアップ電池が劣化し、BIOSの設定が初期化されて 内蔵のHDDからではなく外付けCDからOSを読み取る設定に戻るためでした。 OSがWin XPですので、買い換えるつもりいたので、修理も面倒としばらく我慢していました。 しかし、実験のため使用する事になり、都度BIOSの設定も面倒なので修理すべく、どんな電池か検索していると友…

続きを読む

IC-756(LCDバックライト不良修理完了)

ここで紹介した、表示不良のIC-756の修理が完了しました。 真っ暗で、動作状況がまったく判りません。 原因は、バックライト用電源回路のTR故障でした。 該当品が入手できず困りまりましたが、コンパチサイズで電流容量2倍品が見つかり、うまく交換出来ました。 これで、バックライト障害は解決したのですが、しばらく通電して様子を見ていると突然受信音が止まり、スペクトラム表示も真っ黒(青に近い)に…

続きを読む

IC-756(LCD表示不良修理その1)

とある集まりのジャンク市に、LCD不良のIC-756が持ち込まれました。 オーナー曰く、定番のスジ障害では無く、画面が真っ暗になったとの事。  →バックライト不良なら修理出来るかもしれない。  →筋が出る不良なら、すでに交換部品が無い事から、部品取りの活用にでもするか!  ①ICOM純正のメータを使い、IC-7600用の外付けアナログメータとする   ②PA,LPFが生きていれば、FT…

続きを読む

修理終わりました。

ジャンク品で入手したIcom IC-AT500 HF Full Automatic Antenna Tunerです。 かなり汚れています。 1983年頃の製品と思いますが、まだ現役で使われている方も結構おられるはず。 症状は、waitランプが点灯したままでチューニング動作に入れません。 中を見るとバンド切替用のモータが回りlぱなしです。 こんなのもありましたが、ここではあり…

続きを読む

検証中(初めてのブレッドボード)

先日、動作不良品というジャンクのチューナーを入手。 元オーナさんも、インターナットで紹介されている修理事例は実施済みでしたが、工法が気に入らず、すべてやり直しました。それでも状況はかわりません。 嫌疑?と判断した部品(生産中止品のインターラプター)が やっと入手出来たので、交換前に動作の検証です。 ブレッドボードは随分前に購入済みでしたが、やっと日の目を見る事に。 部品を差し込む…

続きを読む

Walkmanの電池交換です。

家内が愛用していた(いる)Wolkman が、フル充電しても すぐ電池切れになるとの事。 すでに新しいものに買い換えているのですが、かなりの曲数が入っているので処分できない様です。 電池交換につき、SONYのサポートを覗いてみましたところ、費用は7,000円前後の様でしたので、さらにNet検索してみると、やはり自分で交換している先人がおられました。そこから購入ルートをたどると、電池のみ2…

続きを読む

IC-706MK2 電源入らず

Remoterig RRC-1258MkIIが入手出来たので、遠隔操作の動作確認しようと友人のYanaさんからIcom IC-706MK2を借用しました。 早速電源をつなぎ、Power onするもカチと一瞬音が出るものの電源が入りません。(LCDにはなにも表示しない) リチウム電池かなと疑い、Service ManualをDLして回路図を眺めるも電池らしいのが見つかりません。 本体と制…

続きを読む

サンバイザー型ルーペ 導入しました

1mm角以下のSMT部品使用の製品修理など、細かな作業対応がつらくなりました。 眼鏡を外し、該当部品にプロービングしながら棚の測定器を見ようとすると眼鏡なしでは数値が見えないと情けない状況です。 眼鏡は遠近、中近と使い分けていましたが、SMT部品では裸眼の方がみやすいので、眼鏡の交換時かと思い眼鏡屋さんへ。 検査の結果、現状の眼鏡で視力は問題ない。拡大鏡の範疇であるとの事。 そこで、以下…

続きを読む

IC-375 LED化

バックライト用ランプが切れたIC-375を入手しました。 せっかくですから、LED化しようとしたら手持ちの沢山あるLEDはφ5であり、実装できない事が判りました。 修理仲間のAさんよりムギ球色のLEDがオークションに出ているとの情報で早速20ヶ程入手しました。 交換後の写真です。ムギ球とほとんど差も無く、まずまずの結果でした。 それにしても、バックライトの基板にたどり着くまでの分…

続きを読む

IC-736 表示不良~ATU修理、やっと完了

やっと修理が完了しました。 感度が低いかな~と思いましたが、サービスマニュアルに従い確認したところ定格の感度は確保しているようです。Sメータの表示では、バンド毎に若干のバラツキを感じますが、これで良しとします。 縦軸がdBμ、横軸がSメータの振れを示します。 Pre-amp=ON、Mode=FM、NB=off,AGC=Fast 処置した不具合: ・液晶漏れによる表示不良  →…

続きを読む

IC-736 ATUが不調です。(続き-修理完了)

代替え品のステッピングモータのケーブルが無かったので、追加発注しました。 モータには、ユニバーサルジョイントとケーブルをつけた状態です。後ろが故障品 このジョイントも割れていましたので交換しました。 ”アサ電子工業製”のUJ 6-5の様です。(VC側がφ6、モータ側がφ5) http://www.asadenshi.co.jp/product/coupling/pmfc/uj.sht…

続きを読む

IC-736 ATUが不調です。(続きーその2)

ステッピングモータを注文し、本日入手 (同じ都内ですが、部品代2592円 送料と代引きが1080円でした。) オリジナルのMP28GAは製造中止とのことで、代替え品MP24ZAです。 袋を開けて、が~んです。 接続がピグケーブルタイプではなくモータ部からのコネクター形式になっていました。 営業の方に、こんな細かい注文に期待した私が馬鹿でした。 アキバで入手出来れば良いのですが。…

続きを読む

IC-736 ATUが不調です。(続き)

当初、18/24MHzで同調取れていたので安心していたのですが、表示対策が終わったあと、懸案だったプリアンプの動作不良(早とちりで手こずりましたが、RF入力部のBPF切替用Diの不良が判明)も片付き、ATUに取りかかりました。 ATUです。 ステッピングモータ(MP1,2)の写真下側のMP2の動きがおかしかったので、本体を分解します。 するとモータとバリコンをつなぐ、プラスチックの…

続きを読む

ポチりました。Icom IC-721

IC-736が片づいていないのに、また故障品を買ってしまいました。 前オーナーの話では、PLL基板を交換すると正常動作するとのことで、外観は綺麗な部類だそうです。 外観の破損と、特殊な部品の故障はお手上げですが、電気回路なら何とかなるだろうと、..... ICOM IC-721s HFの10W機です。 外観はまあまあでした。 症状は再現し、確かに送受信出来ません。 表示、…

続きを読む

IC-736 内蔵ATU不調です

DisplayのOLED化をしていて、他の不具合をあまり気にしていませんでしたが、送信確認していたら、特定のバンド以外で内蔵ATUの動作がおかしい(SWRが下がらない)。 ネジが多く配線も短いので分解は面倒でしたが、とりあえず可能な範囲であけてみました。 ショックです。ステッピングモーターとバリコンをつなぐ ユニバーサルジョイントが2ヶとも割れていました。 特定のバンドは たまたま L で…

続きを読む

通勤の友が 拗ねて います。

小型で薄く、毎日の通勤時に重宝している愛用のラジオ(SONY ICF-R1000V)です。 故障も無く、約12年使用していますが、巻き取り格納式イヤフォンからの音がNGになりました。 買い換えたいのですが、このサイズ(48x82x10mm)の代替え品がありませんので、延命手術する事に。 本体にフィトした薄いサイズのイヤフォンはありませんので、収納時は不格好ですが適当なものとの交…

続きを読む

IC-736 アルミ電解コンデンサ 液漏れ

この機種の定番故障の一つです。 液晶代替え交換を機会に、念のための確認したところ、的中です。 PA部を見るためには結構な数のネジをはずし、さらにLPF部とアンテナコネクターの半田もはずさなければならず面倒です。 基盤取り付けネジを通して、シャーシーまで変色していました。 確認して良かった。基盤をIPAで洗浄して、腐食部を削り周辺の電解コンデンサーも予防交換処置しました。 次…

続きを読む

IC-736のOLED化 その2

副題:3連休の工作日記その2 外付けで動作確認出来ましたので、本体を開腹して移植を始めます。 まずは、手術完了後の様子から 通常の運用状態です。 Split運用の時の表示です。 さて、フロントパネルをはずし、OLEDの形に合わせて実装場所を決めてスペーサを作ります。 こんな感じで固定します。 旧のLCDをはずします。 面倒なのでカッターで切断(メス!と自分に......) 残っ…

続きを読む

IC-736のOLED化 その1

副題:3連休の工作日記その1 CI-Vに続き、有機発光ダイオード OLED (Organic Light Emitting Diode)型に挑戦です。 回路、ソフトとも開発もとの”みず爺のアマチュア無線再入門ブログ”の記事をそのまま採用させて頂きました。tnks! まずは、マイコン部と表示部の確認のため、外付けで作ってみました。 こんなイメージです。 単体での火入れTSETです。元…

続きを読む

あれ~ アンテナが??

アンテナ不調 8日の20時ごろ、GA8VL(英国)が15mで59++で入感していました。 思わずCallしてみたのですが、急にPOWERが落ち(SWRが跳ね上がる)、どうも思わしくありません。 屋上のANTを40mのツエップに変えるとSWRは以前と変わらず、虎の子の R5(14~28)がSWR 3以上に... ときどき正常に戻る(出力を下げる)様子も見せますが、すぐNGになります。 …

続きを読む

終端電力計 2台目です。

先月入手したKURANISHIの終端電力計(RW-155D)です。 メーカー仕様:  周波数レンジ  3~500MHz  インピーダンス 50Ω  SWR 1.2  終端測定電力  5/25/250W 200w機の調整が出来る丁度良いレンジである事、動作確認済との事で譲り受けましたが、各レンジとも測定値が低く出ること、5Wレンジは全く振れません。まあ、内部のボ…

続きを読む

ICOM IC-736の液晶表示不良 対策

定番の故障です。残念ながら、保守パーツも在庫終了とのことで、このようなカスタムLCDは絶望的です。 まだ、いくつか不具合がありそうですが、周波数・モードが直感的にわからないのも不便なので、外部制御(CI-V)で写真の通り読み取れるような 外部装置を用意しました。 回路とプログラムは”みず爺のアマチュア無線再入門ブログ”殿のブログから拝借しました。感謝です(ありがとうございます)。 PI…

続きを読む

液漏れです。

液晶表示の時計です。 前回は、UTC側(上段右)の表示がだめになりましたが、今度はLOCAL側です。 まだ判読できますが、そのうち全面真っ黒になります。 片割れを捨てずに保管していたので、うまい具合に二個一で修理(とはいえないか?)完了。 しばしの延命化です。

続きを読む

JR四国、がんばっています

先日、四国出張した同僚からの業務報告のおまけ?です。  ”松山⇒内子の移動で乗った特急宇和海がこんなのでした。子供が一緒なら良いですけどね。” 外装で楽しませてくれる乗り物は沢山有りますが、内装まで徹底してるのは初めてかもしれません。 以下のhpより ここを覗くと、四国電鉄は楽しそうです。 http://www.jr-shikoku.co.jp/01_trainbus/ev…

続きを読む

KENWOODのTM-231 その2

先日の”ここ”ですが、バックアップ用のリチウム電池の交換を完了しました。 フロントパネル裏に実装されていましたが、結構ばらさなければなりません。 まず、フロントパネルをはずします次に、表示部です マイクコネクタと、ロータリーエンコーダをはずします なにやら、スイッチ部の劣化したオレンジ色のスポンジがぼろぼろ落ちてきます金属ケースをはずしますやっと、電池が出てきました 測定すると、数mVと…

続きを読む