Cushcraft R8のトラップ修理 とりあえず完了

MFJからアンテナパーツ送付の連絡あり。やっとです。 10/19 パイプの曲ったトラップをMFJ(米国)に発注。送料と納期を確認するも、送料の連絡はあるも、いつ出荷するかは連絡ありませんでした。  今朝、MFJから11/12 出荷した、FedEx から集配したよ、配送予定は11/18と 連絡ありました。 早く修理品を上げないと、修理結果が確認ができないということで、午後から屋上へ。台風もシーズン…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 覚書その2

トラップ部の曲がりを機械的な補修をとりあえず完了しました。L、Qの確認(メモ)パイプ補強後のL/Q値を前回同様LCRメータで確認。Before(after)値です。測定周波数   L値     Q値   1k    6.5 (6.3)μH   1.25(0.7)  10k   5.48(5.56)   6.68(4.96)      100k   4.98(5.03)   23.9(21.5)予…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 覚書その1

台風でトラップ部の曲ったパイプの修理の試み→覚書です。曲ったパイプを交換が出来ないかと頑張って抜こうとしたのですが、簡単には抜けませんでした。当たり前ですね。簡単に抜ける様では、エレメントが風で飛ばされてしまいます。保守部品として、メーカに発注済み(まだ、納期回答はありません)ですので、ダメもとで修理にチャレンジしてみました。1)曲った部分をカットする2)一サイズ細いパイプ(16φ)を中に遠し、…

続きを読む

今日の修理 R8のトラップに遊ばれています。

台風で根元が曲ってしまったトラップを、だめもとで修理に挑戦しています。1)トラップの共振確認まずは、現状把握の意味で手持ちのアナライザーで確認してみました。アナライザーはMFJ-259Bとオプションのデップメータ用コイルMFJ-66です。MFJ-66は、今回初めて使います。はじめは、デップ点が見つからず、測定方法が悪いのか(結合が十分とれていない~)と悩みました。あきらめずSWR表示用のメータを…

続きを読む

台風19号の爪痕。追記あり

被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます 12日、風は21時過ぎから30分程度、瞬間的にはかなりの強風だったようです、1FのELVホールの前は 近所から飛んできた枝葉が散乱していました。17号後、風対策として屋上アンテナもステーを追加して2段としたのですが、残念ながら先端部で曲ってしまいました。 対策時 19号での被害中央と右の2本は、”柳に風”スタイルで心配していたのですが、何とか堪…

続きを読む

液漏れ不良の時計

JST/UTCのDual LCD clockです。 同じ製品の2個目ですが、なぜか今回も右側のUTC(24H)表示側に液晶もれが発生し、判読不明です。   この手のものは、きちんと合わせても隣同士で分単位のカウントがずれてきますので、好きではありませんが、海外交信には便利に使っていました。(JSTから9時間引くだけなのですが、...) 液晶漏ればっかりは修理出来ませんので、残念ながら…

続きを読む

メータの振れないアンテナチューナ 整備完了

  年末に不具合部位の特定(ここ)を終えていたチュナーの最終修理が先日完了しました。 Di交換必要なセンサー基板   手配していた、回路図指定のダイオード1S34Aです。  基板外すのが大変なのですが、十分なスペースがありましたのでDi交換は難しくありませんでした。 指定部品なのか、200W入力でそれほどずれてはいなかったので、微調はパスとしました。 上…

続きを読む

今日の整備: 半田吸い取り機

基板上の半田を暖めると、真空ポンプの要領で半田を吸い上げてくれるスプリング式の半田吸い取り機の整備です。以前も、吸い上げ不調になり、潤滑用のグリスを塗布してみましたが、効果は一時的なものでした。 正常の時は、吸い取り口を指でふさいで吸い取りボタンを押すと、シャフトはズルズルと伸びるか、途中で止まったまま。現状は、シャフトが一気に伸びる状態(吸い取り力なし)です。 友人に相談すると、清…

続きを読む

気になる新製品FT-DX101D/MP(発売時期)

・通販店CQオームのメルマガ情報  IC-9700        1月末  FT-DX101D、MP   2~3月 ・JF2IWL局ブログで紹介の”ギガパーツが年末クリアランスセール”による米国発売情報  IC-9700      発売時期も、価格もUnknown  FT-DX101MP Q2 2019(4~6月)価格はUnknown  FT-DX101D Q1 2…

続きを読む

今日の整備 (メータの振れないアンテナチューナ)

メータが振れないという大型のアンテナチュナーを入手しました。 部品点数が少ないので直せる可能性が高く、修理が楽しみと云うことです。 メータが触れない原因は、センサー部のダイオード( Di )2ヶの半ショートでした。 Di は○部です。   同じ Di の持ち合わせがなかったので、手持ちの高感度品を代用。 メータの振れが10%程高い指示になりました。 基板を外すのが大…

続きを読む

大陸品質 (USB電圧・電流モニターのルーズコンタクト)

USB経由で充電している時のモニターです。 なぜか電位は出ているのに、全く電流が流れません。出力側のコネクタを揺らすと充電が再開されます。 典型的な接触不良です。ケースをあけて、コネクタに触れるとアース側がすっぽり抜けてマイナス側がOPENになることが判りました。(何故マイナス電源配線がケース経由なのかは? 基板上はスペースたっぷり) 基板上は半田が付いているように見えますが、…

続きを読む

今日の整備(TM-701のLED化)

古い144/430MHz帯のモービルトランシーバーです。 バックライトの光量がおちてきたのか、小さな文字やボタンが見えにくくなりました。    表示部を分解すると、押しボタンを保持するスポンジがぼろぼろです。 今となっては保守部品の調達は無理なので、手持ちのスポンジを加工して何とか復旧。   やっと照明ランプの交換に!(赤丸内が麦球です)    部品です。3ΦmmのLEDに取り替…

続きを読む

プチ修理(破損イヤフォーンの延命)

愛用のイヤフォーンの耳掛け部が破損しました。 上の写真の右側のフック固定リングが破損 下の写真が、修理完了?  破損部のリングを接着剤で修復しようと思いましが、クリップで挟んでみた他ところ意外としっくり固定できました。    耳にあたる側のスプリング部だけ残して、しばしの延命を図りました。 緊急時のガムテープ、安全ピンと同様、Binder Cl…

続きを読む

今日の整備(終端型 パワー計)

40年前の終端型パワー計の整備、整理完了しました。 クラニシ製のRW-151Dです。   とても綺麗な保存状態で、新同美品のコレクターレベルです。 手持ちの測定器と比較して、大きなずれはありませんでした。   ・KURANISHI RF WATT METER RW-151D  測定周波数:  1.9~500MHz  測定電力:    5W/25W/150W 切り替え  インピー…

続きを読む

今日の整備(リニアアンプその2)

一通りの動作確認してみました。 内蔵メータのSWR計が振れていません。 回路図から関連部位を抜き出してみました。   ・ATUは動作しているので、SWR検出回路からPROTECTOR UNITまでは正常と思われます。 ・ATUへの出力とパラにメータ回路に繋がっているので、その間にあるのはVR,Di,SWと辺りをつけました。   まずは切替回路のあるCPUボードから。 SWRの測定…

続きを読む

今日の整備(リニアアンプその1)

古いリニアアンプの整備を始めました。    とても無線機とは思えないデザイン(オーディオアンプ?)で、電源・ATU内蔵しコンパクトに仕上がっています。しかし、難点は25Kgと超重量物です。腰が悲鳴を上げています。   内部の埃り除去から始めましたが、重いの何の.....て!  スイッチング電源に変更したいところです。 受け取り時には気がつきませんでしたが、搬送中の自重で足を止めている…

続きを読む

今日の整備(周波数カウンター)

何を今更ですが、4桁LED表示の周波数カウンターを入手しました。 あわよくば IF (455KHz)シフト機能を期待して、アナログ同調タイプの受信機にと思いましたが、HF帯のただのカウンターでした。残念!   とはいえ、電池を入れると動作しているようですので、汚れのひどいBNCコネクタとDC電源コネクタを交換し、サビだらけのスタンドバーを磨きました。 BNCコネクタ交換  DC…

続きを読む

プチ修理(同軸スイッチ)

以前、ここで紹介した壊れた同軸スイッチです。   破損部を撤去   破損部のパーツが入手出来ましたので交換しました。   無事、復旧しました。

続きを読む

プチ修理(半田吸い取り機)

修理と云うより、保守点検です。 愛用のシュッポン君(半田吸い取り機)の吸い取りが悪くなりました。先端チップの劣化は見られません。   以前はポンプ式を愛用していましてので、保管期間が長かったのか先端のゴムリング(下の写真、赤丸部)が乾き、ポンプ機能の効きが落ちているようです。  適当な溶剤が思いつかないので、ダメ元で随分昔にロタリーエンコーダの修理に使用した模型用のグリスをつけてみま…

続きを読む

壊れました。(同軸スイッチ)

引き出しの中に保管中であった同軸スイッチのつまみ部が破損していました。 何かとぶっかったのか..... 単なる劣化なのか不明です。 切替時のクリック感を出すためのボールとスプリングあるため、接着剤での固定は難しい。  とりあえず 切替機能は生きていますので、スプリングを外してそれらしく.......  

続きを読む

プチ修理 (RIGblasterをポチリました)

デジタルインターフェースのUSB化のため先日ポチリました。 以下、昨日のプチ修理(自分で壊してしまった 涙!) 様子見を見ようと取り出したら、ケース右端のトグルスイッチが何処かに押された様で内側に曲がっていました。(写真は折れた後の状態)  一寸押したらぽっきりと根本から折れてしまいました。  ケースを空けてみました。  記憶にある形状のスイッチでしたので、部品箱を…

続きを読む

備忘録:電池交換SR914SWです。

皮バンドの為 汗をかく時期はお蔵入りしていました。涼しくなってきたので取り出すと止まっています。 電池切れでしょう。 これ一ヶだけネット発注もと思い、ウオーキングをかねて新宿の量販店まで出かけて来ました。 往復、約7千歩。涼しく(寒く)なったせいで、汗もかかず快適です。 気に入っている四角型のドレスウオッチですが、最近はあまり見かけないので流行らないでしょうか?  まずは小型カ…

続きを読む

また、壊れました。続きます、今度はACアダプタ電源です

今朝、CS放送を見ようとチャンネル選択しても画像がでません。 地デジはOKなるもBSも同様なので、専用アンテナ系のトラブルと判定。 どうも、パラボラ内蔵のコンバータ用の電源が落ちているようです。 やはり、15Vのところが、5Vしか供給出来ていません。 他のアダプタに変更(出力コネクタをF型に変更も必要)して放送受信は無事回復しました。  普通、この電源はTVやビデオから自動的に供給…

続きを読む

ショックその4(TVリモコン頓死)→修理完了

故障が続きます。 今度はキッチンで使用しているTVのリモコンです。最初は特定のボタン(dの緑ボタン)が機能しなくなり、ついに電源ON/OFFも出来なくなりました。(デジカメ経由で、発光ダイオードの不点灯を確認) まずは、ネットで検索です。なんとヤオフクには沢山出品されており、余剰在庫と思われる未使用品がありました。 上が故障品、下が落札した代替品です。安価で助かりました。(落札後2日で到着…

続きを読む

ショックその3(ポケットラジオ頓死)

二度あることは三度ある。先日のワイヤレスヘッドセット、ポータブルDVDプレーヤーに続きやっぱりありました。 SONYのICF-R1000Vです。 なかなかこのサイズ(AM/FM 充電式イヤフォン巻き取り方式で、薄く胸のポケットにぴったりサイズ48x82x9.9mm, 50g )のものが見つかりません。 通勤用として二台保有していました。1台(左)は、電池の劣化はあるもののイヤフォンヘッ…

続きを読む

ショックその2(ポータブルDVDプレーヤ頓死)

トラブルが続きます。(3度目が怖い) 突然画像が乱れ、その後電源はいるも、画面が出なくなりました。 DVDプレーヤ機能より、シャック(無線デスク)でのTV視聴をメイン使用。アナログ放送終了後、外付けで地デジチューナを繋いで活躍してくれていました。買い換え時期としては、いいタイミングか? いざ、代替を探すと、7インチサイズのフルセグTV付きのポータブルがは少ないですね~  後継…

続きを読む

ショック!(ワイヤレスイヤホン頓死)

愛用していたワイヤレスイヤフォン(IR 光通信)が、突然”バリ”と云う音とともに音声が聞こえなくなりました。 VictorのHP-ALW600Hです。内蔵電池の交換、イヤーパッド(スポンジ)の交換をしながら延命を図ってきましたがついに使用不可になりました。なぜか(Buletoothの出現か)この手の製品は製造中止になっており、代替品も類似品も見つかりませんでした。(ヘッドフォンタイプなら、…

続きを読む

備忘録(電池交換SR621SW→SR626W)

取説が見つかりました。指定電池型式は”SR626W”でした。 頂き物の時計です。久し振りに取り出してみると、案の定止まっています。電池切れです。 外からは電池の型番がわからないので、メモ代わりに.......  防水用のゴムリングに気をつけて、4本のネジでカバーを取り外します。   大きいのが、CR2015 LEDライト用です。(一寸、鍵穴を除く程度の光量です)  …

続きを読む

33年前の無線機、整備終えました。

KENWOOD TS-430Sです。 ・検索によると発売時期は1982年だそうです。 ・PLLでゼネラルカバレッジ0.15MHz~30MHzが受信できます。 ・マイコン制御で周波数のメモリや、プログラムスキャン等も可能です。 長期間保管していた、詳細動作は不明なるも接触不良のような不具合ありとのジャンク品を入手しました。 (断捨離中に付き、手を出すつもりは無かったのですが、売れ残ってい…

続きを読む

高所作業、お疲れ様でした。(アンテナ修理)

何時もご指導頂いている大先輩のお二人(80代、70代)が、28MHz帯のアンテナが不調ということで、鉄塔に昇り点検修理をされました。 巷では桜満開、気温20℃と今日は暖かい日和でしたが、現地 海抜1120mの浅間高原では、まだまだ寒風が吹いているそうです。 不調の原因は、バラン内での断線(半田剥がれ)だったとの事。予備品と交換して無事完了したとの連絡を頂きました。  大変、お疲れ様…

続きを読む