Nano VNA その12 (本体ケースを作る その2)

1/16の”Nano VNA その8 (本体ケースを作る)”の通り、自作のケースで使用しておりましたが、知人のブログ”向島ポンポコ日記”で紹介された” JL1VNQさんの頒布されている”nanoVNA用シンプルサイドバンパー”が気になり、発注させていただきました。在庫の無かった黒色を第一希望でお願いしたところ、すぐに製作して送ってくれました。→ Tnks. to JL1VNQ 1) 上が手配し…

続きを読む

今日の整備 はんだシュッ太郎 HSK-300を整備

”サンハヤト はんだシュッ太郎 チップ詰まり”という半田吸い取り機を入手しました。上が、手動の吸い取り機、通称”シュッぽん”。下が今回入手した”はんだシュッ太郎”で、半田を溶かしながら吸い上げるので、手動よりは確実です。半田詰まりを清掃中にピアノ線の様なものが中で折れてしまい(写真左上)、ポンプで半田を吸い上げる事が出来なくなっていました。ままよとばかり、1.5mmのドリルで削ってみましたが、ド…

続きを読む

今日の整備 臓機移植(30A電源モジュール課題処置)

先日、臓器移植を終えた電源の課題対策です1)出力電圧が微調整で12vからは13vまでどまり  出力電圧微調整部をいじくり回し、何とか13.8V(13.77V)を絞り出しました。  →出力配線にも手持ちの部材活用したため、ワンサイズ細いせいか、負荷をかけると100W送信時0.5V程電圧降下が見られます。2)内蔵FANの音が気になる(五月蠅い)  もともと12V仕様のファンに13.8Vですから、元気…

続きを読む

今日の整備 ケーブル配線

先日(ここ)のCATVのケーブル工事、さすがプロと感心していましたが、多量の雨が降るとベランダ内に滴が垂れ落ちることを発見。量はわずかですが、そのうち室内へ漏れこむのが嫌なのでケーブルフォームを一寸だけいじってみました。1.引込ケーブルを”U”字にする2.垂れた滴を逃がすルートを作る(余長が無く、U字の凹みが浅いので、タイラップで逃がす)今日の雨で効果を確認してみました。赤の縦線から右側がベラン…

続きを読む

今日の整備 臓機移植後の確認(電源の4A→30A化)

先日の4A電源の30A化の実機確認してみました。問題なく100Wの運用が出来る事を確認。 やはり、常時FANが回っているので少し五月蠅いですね。センサーを付けて温度上昇時のみFANを回すように改造しようかと思いましたが、静音タイプの方がよさそうです。 ちなみに摘出した臓器の不足分(電源スイッチ、LED)を追加して動作を確認。負荷試験まではしていませんが、出力はOKです。 廃棄はもったい…

続きを読む

今日の整備 臓機移植(電源の4A→30A化)

写真左上の様な中華製12V/30Aの電源ユニットを入手していました。小型・軽量、薄型なので、100w無線機用に丁度良いサイズなのですが、ケースにでも入れないと使いにくと思い、左下の様な4Aの電源を入手。机上検討時はぴったりサイズではないかと想定。臓機移植をすることに。 中華製電源ユニット:115W x 55H x 220D mm 小型メーカ製電源 :123W x 96H x 235D mm サイ…

続きを読む

100均の鉛筆削り

無線機修理の際、図面トレースで赤色鉛筆を使っています。PCでPDF図面も便利ですが、基板間の信号を追いかけるには紙図面のほうが楽です。昭和生まれの高齢者ですから、鉛筆は当然ナイフで削れますが散らかるのがいやなので、つい買ってしまいました。 と前置きが長くなりましたが、これが今回購入した100均の日本製鉛筆削り器です。 なぜか、鉛筆が挿入できません。 鉛筆挿入穴位置と削り基台の取り付け位…

続きを読む

今日の整備 スーパーキャパシタの交換

ジャンクで入手した測定器、1998年製 オシロスコープです。1)Nicad電池(青□)の長期保存で完全放電したのか、劣化で充電不可  中を見ると、このサイズに合う電池は入手不可。当面、ポータブル使用は無いので外部電源で運用。2)電源投入時、毎回Calibrationが実行される  これが正常動作か不明?なのですが、よく見ると1ファラドと容量の大きい(スーパーキャパシタ)が付いています。   周…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その7(EFLWとして仮設してみた Step-3-最終)

ラジアル線、給電線等の引き回しは仮設step1,2で傾向が判ったので、今度はエレメント長を22mとして試してみた。参考にしたEFLW-1Kのメーカーオリジナルは13.4mですが、Low Band用には長い方が良いとあり、オプションエレメント長は以下から選択できるようですFeet  m44   13,4(オリジナル長)   53   16,154(仮設した線長)73   22.25(今回の検証長)…

続きを読む

CATV改修工事

我が家は19軒の住居と店舗1軒の集合住宅で、TVはCATVでした。当時の設備ですので、中継器は新型に交換していたようですが、最近のサービス(電話、Net、4k対応等)で 昔からの配線(3C2V)では動作が不安定との事。ケーブルの各戸での交換はできないということで、新規に追加することになりました。建物裏側外壁への追加配線となり、綺麗なものではありませんが仕方ありません。 さすがプロの工事です。引…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その6(EFLWとして仮設してみた Step-2)

Step1はここでエレメント長16,2mにたいして、ラジアル微長するも160mと80mバンドはシーソーゲームです。そこで実際にEFLW-1Kをお使いのOMに、ラジアルはどのようにしているかを問い合わしてみました。頂いたアドバイスの様点は、(OMもメーカに問い合わせた結果だそうです)・ラジアルは不要(同軸の外皮をラジアルにする)・同軸ケーブーブルは15m以上・Choke-CMCは無線機側にとの事.…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その5(EFLWとして仮設してみた Step-1)

GPアンテナのステー(ロープ)にエレメントを這わせることで16,2mがなんとか張れそうなので仮設してみました。給電部とエレメントです。(choke coil,com filter等は無し)ここから約3m離れたアンテナ切替器まで手持ちの20m同軸で接続します。この時の飛び具合です。160mでは1,7エリアと交信出来ました。SWRです。このままでもハイバンドは使えそうです。160mも行けそうですが肝…

続きを読む

アンテナアナライザー、PC認識せず(自分メモ)

EFLWの実験中につき、Rig Expert AA-54を使おうと思ったら、なぜかPCが認識しません。COMポートを確認する”ListRE”で確認するも、他の接続機器を表示し、デバイスMgrでも該当ポートが見当たりません。とりあえず、Nano VNAで作業をしていましたが、このままでは困るので、調べてみました。結果:ドライバーを再インストールすることで事なきを得ました。 → http://ja1…

続きを読む

今日の整備 DCコネクタの交換

時折使用する測定器の電源端子を交換。特殊な形状ではありませんが、一般的な形状と交換することで電源アダプタの共通化を図りました。途中の写真を撮り忘れましたが、右がオリジナルの形状で取り外したもので、左がシャックで一番多い形状のコネクタです。完了です。これで、専用のAC/DCアダプタを探す手間が省けます。

続きを読む

Nano VNA その10 (TDR機能を使ってみた)

EFLW(End Fed Long Wire)アンテナ用に同軸ケーブル(RG-58/Uタイプの20m長)を物置から発掘。実長は未確認ですが、コネクタ付き20m品として購入したので間違いは無いと思います。早速Nano VNAで測定してみた。先端Openで19.623m(下図)、Shortで19.663mでした。こんなものかな? アンテナスイッチまでは長すぎるのですが、これで仮設してみようと思って…

続きを読む

ヘッドフォンの耳当て保修

Bluetoothヘッドフォンの耳当て部のクッション部が劣化。赤枠の通り、スポンジ表面がボロボロです。(青枠が元の状態)とりあえずガーゼで応急処置。交換用を密林で探すも、沢山出てきてフィットするかどうかがよく分かりません。一例ですウオーキングの帰り、いつもの100均で300円と高価?な割には安っぽいヘッドフォンに目がとまりました。耳当て部が探していたものとサイズも形状も似ていたのでダメもとで購入…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ、交換パーツ到着

今夕6時の配送予定でしたが、今朝 9:15 セイノーS EXPさんが予定より早く届けてくれました。ありがとうございます。安価なのか、関税等一切の追加費用請求はありませんでした。 商品です。(梱包サイズ:14.5x14x95.5cm)梱包材もプチプチを巻いただけの簡素なものでした。 MFJ(Cushcraft)さん、ありがとう! 先日一時修理が終えていますので、本品は予備(次の台風?…

続きを読む

Cushcraft 最終SWR、R8のステー治具 R8GKもどきを作る

今日は午後から青空に変わりましたので、屋上で写真撮影です。左が、台風直後の曲がり、右が昨日修理後の状態です。修理の経緯https://98748876.at.webry.info/201910/article_9.htmlhttps://98748876.at.webry.info/201910/article_11.htmlhttps://98748876.at.webry.info/2019…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 とりあえず完了

MFJからアンテナパーツ送付の連絡あり。やっとです。 10/19 パイプの曲ったトラップをMFJ(米国)に発注。送料と納期を確認するも、送料の連絡はあるも、いつ出荷するかは連絡ありませんでした。  今朝、MFJから11/12 出荷した、FedEx から集配したよ、配送予定は11/18と 連絡ありました。 早く修理品を上げないと、修理結果が確認ができないということで、午後から屋上へ。台風もシーズン…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 覚書その2

トラップ部の曲がりを機械的な補修をとりあえず完了しました。L、Qの確認(メモ)パイプ補強後のL/Q値を前回同様LCRメータで確認。Before(after)値です。測定周波数   L値     Q値   1k    6.5 (6.3)μH   1.25(0.7)  10k   5.48(5.56)   6.68(4.96)      100k   4.98(5.03)   23.9(21.5)予…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 覚書その1

台風でトラップ部の曲ったパイプの修理の試み→覚書です。曲ったパイプを交換が出来ないかと頑張って抜こうとしたのですが、簡単には抜けませんでした。当たり前ですね。簡単に抜ける様では、エレメントが風で飛ばされてしまいます。保守部品として、メーカに発注済み(まだ、納期回答はありません)ですので、ダメもとで修理にチャレンジしてみました。1)曲った部分をカットする2)一サイズ細いパイプ(16φ)を中に遠し、…

続きを読む

40m用にツエップアンテナを仮設しました。

先日の台風で曲ったアンテナ、特性的には保修済みでしたが外観上不安感があるので曲った分を撤去。30m,40mバンドが使えなくなりました。押入れ整理していたら、昔使用した15m/40mのツエップアンテナが出てきました。広帯域アンテナがありますが、屋上設置のアンテナ切替器にポートの空きがありましたので、40m用として仮設してみました。目立たぬ様に、屋上からの高さは給電点で1.5m、先端で約5m高としま…

続きを読む

今日の整備 FT8 用インターフェースの改造

先日作成したインターフェース、なぜかVOXモードでのFT8が遠隔でうまく送信できません。(送信が断続となる)それではと強制PTT方式とすべく、USB/シリアル変換モジュールを追加して、RTS信号で対応。実験中。とりあえず、使い古しのケースに組み込みました。穴だらけのケースでしたので、シールをはりごまかします。今度はうまく動きました。 ケースを新調し、動作確認用のLEDとRTTY/KEYer モ…

続きを読む

今日の修理 R8のトラップに遊ばれています。

台風で根元が曲ってしまったトラップを、だめもとで修理に挑戦しています。1)トラップの共振確認まずは、現状把握の意味で手持ちのアナライザーで確認してみました。アナライザーはMFJ-259Bとオプションのデップメータ用コイルMFJ-66です。MFJ-66は、今回初めて使います。はじめは、デップ点が見つからず、測定方法が悪いのか(結合が十分とれていない~)と悩みました。あきらめずSWR表示用のメータを…

続きを読む

アンテナ(Cushcraft R8)SWR再調整してみました。

昨日のステー追加工事の際、各バンドの同調点の調整にチャレンジしてみました。図中、 ①台風15号直後 ②切れたトラップ修理とゆるみ部分の手直し後 ③ステー追加工事にあわせて各エレメントを長を微調整したものです。なお、メーカの取説で、運用周波数に合わせられるのは、7,50MHzのみです。説明はありませんが、エレメント長の調整できるのは、24,21,28MHz帯のみで、10,14,18MHz帯は調整ポ…

続きを読む

アンテナ(Cushcraft R8)台風対策 ステー追加

台風18号対策です。先日17号の時でも結構揺れていたので、ステーを追加して2段に。一段目(8mH)のトラップ下に3方向引いていました。追加のステーは約9.5mHのトラップ上段部から4方向としました。 屋上がにぎやかになりましたので、ステー線のステルス化が必要になりそうです。上段部が”く”の字に曲っているのは、昨年の台風で下のトラップのパイプが曲った為です。(地上から撮影)地上からはこの様な感じ…

続きを読む

台風の被害:R8 8バンドアンテナ特性激変 その2 仮復旧

Cushcraft R8 障害調査の続きです。 重い腰を上げてSWR悪化の原因調査に。台風直後の状態はここの通り。アンテナ根元に固定ジグを付けましたので、上げ下げが随分と楽になりました。給電点近くのラジアルは、ピアノ線のような材質なので適当に曲がってくれるので、気にしていません。まずは、マッチングBOXのM型コネクタの締め付けガタを発見。芯線の半田を外さなければならず、いったんマストとから外し…

続きを読む

台風の被害:R8 8バンドアンテナ特性激変 (ショック)

 被害を受けた方々にはお見舞い申し上げます。 さて、我が家のアンテナもGPが3本(HF40~6m 8 Band,20~10m 5 Band, U/Vの3 Band)と、ロングワイヤーが屋上に上がっています。昨年の台風では、Cushcraft R8 ステーから上部分で若干曲ってしまいました。9/8の午前中にステーや同軸ケーブルの点検・養生をすませ、翌日15号の通過した朝一番で目視点検と受信確認では…

続きを読む

今日の整備 電池ケースにDC/DCを組み込む

目的:5V(スマホ充電器等)から13.8Vを得る これは、以前作成した電源用接続端子です。ため込んだ各種AC/DCアダプターの端子を統一して簡単に接続できるよう単三電池3本用のケースを利用したBOXです。 Amazoで買い込んだいた中華製のDC/DCコンバータが余っていたので、詰め込んでみました。 これで、入力電圧をそのまま端子出す(In=Out)、その隣に13.8Vの定電圧の出力…

続きを読む