今日の整備 電池の液漏れ

先日の地震から、非常持ち出しリック等を点検。食料品の賞味期限はまだ余裕でしたのでしたが、ラジオつき懐中電灯が動作しません(なぜか日テレのロゴ付きです)。LEDライトではないので、数日ほったらかしていましたが、とりあえず整備してみました。電池の液漏れです。液漏れで3本目の電池が取り出せませんので、分解してみました。なんともレトロなラジオです。FMのアンテナコイルは固定されていません。液漏れをふき取…

続きを読む

今日の整備 残念な出来事(給湯器の劣化故障)

本年初の残念な出来事です。先日、突然台所でお湯が出ないと! 給湯器のコントローラを見ると取説に出ていないErr番号が。施工から18年、すでに保守契約も切れていますが、東ガスの営業所で確認しても障害内容は判らず、担当者を派遣すると。(派遣費が3k円かかりますと)このままでは、台所以外もお風呂やこの時期床暖房が使えないのがつらいところです。担当者が1.5時間で来てくれ外設置の機器点検したところ、6…

続きを読む

今日の整備 TS-590のFT8設定(備忘録)

年末まで使用できたいたTS-590のFT8がPCと同期しない現象が発生。原因は不明ながら、これまでにWindowsのup dateとTS-590の棚位置変更に伴う電源、USBケーブルの抜き差しのみ。周波数等はメモリーされていたので、BATT上がりではなさそう。(PCとはARCP-590ソフトで制御出来ている) 以下備忘録:kenwoodのサポート情報から抜粋 面倒なので、TS-590を出荷状…

続きを読む

足首ストレッチボードのプチ改造

先日入手した”足首ストレッチボード”そこそこ良好ですが、25度以上に設定するとストパー部にあたる踵が痛いと家内からの悲鳴が。(これも修行のうち?)布(フェルト)でも貼って欲しいとの要望う受けましたが、1mm厚程度では全く効果がありません。丁度クール宅急便が届き、その発泡スチロールでクッションを作ってみたところなかなかいい感じでした。とりあえず、粉が出ないようにテープで養生していますが、こぎれいな…

続きを読む

今日の整備 Icom用Voice Key Padその後(ラベル貼り)

先日のここで紹介したIC-7000用Voice Key Padにラベルを貼ってみました。 出来上がりはこんな感じ。 プリンターも寿命か? いざラベルを印刷しようとしたら、赤のインクが出ません。PTT部を赤指定ですが黄色です。実際は切り取るので、このまま使用します。密林で調達したリサイクル品の保管品(新品)をセットしたらインクカートリッジを認識しません。プリンターも時代ものな…

続きを読む

今日の整備 IC-7000 リアパネルが賑やかすぎ?

また、IC-7000ネタです。 IC-7000は小型機でありながら、HF+6m(100W)から430MHz帯までのオールモード機です。欲張ると、リアパネルにアンテナ・電源以外に、Key・CI-V・外部PAD・スピーカ、その他アクセサリーまでのケーブルを接続すると、以下の通り賑やかになり手前に引き出そうにも簡単には出てきません。(笑) まだ、アンテナチューナ等もあるので、小型機の意味がなくなりそ…

続きを読む

今日の整備 IC-7000 RF回り込み

IC-7000 第4段目です。 144/430M帯でのFT8モード狙いで、インタフェースとの接続ケーブルを作成。DINコネの13ピンへの半田付けは年寄りには大変な作業です。(笑) 何とか仕上げたので、ダミーをつないで送信テスト。目的のバンドでは問題なさそうで 安心したのもつかの間、6m以下のバンドではおかしな挙動。そうです。RFの回り込みです。このままでは、通常のSSBモードでも出力を25W…

続きを読む

今日の整備 IC-7000用Voice Key Padを作る

本体内蔵のVoice Memory用です。メニュからの操作は面倒なので、専用に作成しました。回路は取説にあります。4ヶのタクトスイッチと4本の抵抗だけのシンプルな回路です。PTT用スイッチとMICコネクターを追加しました。そのままコンデンサーマイクが繋げます。そのうち、Two tone発生器でも内蔵しようかと少し大きめのケースにしました。ケースは手持ちのタカチのアルミ製でYM-100(100Wx…

続きを読む

今日の整備 IC-7000  fズレ調整

ここで書いたのの続きです。HFでのゼロインは全く気になりませんが、430M帯になるとSSBの運用局にゼロインすると中途半端な周波数になります。430 SSBerのMAU局によれば、10kセパで運用ているのが一般的と聞きましたので、それではと思い腰上げて調整にチャレンジしました。また、退職前の勤務先で大変お世話になったOさん(JOE局)からメニューモードのOTHにあるREFにより調整できると連絡を…

続きを読む

今日の整備 IC-7000 all mode機(1.9~430MHz)

ハム仲間から、長期保管していたら出力が50%程度に落ちてしまった。修理を楽しむなら どうぞと綺麗なIC-7000を送って頂いた。 スタンドだけが少し錆かかっていましたので、保管中に結露でもしたのかと気にしながら、ついでにコネクターもみがいておきました。 小型で、HFから430Mまでのall-mode 機、あのIC-706,MK2,MK2Gシリーズの最終バージョンのような人気無線機です。 確…

続きを読む

ポチリました(Voice Memory VM-240)

音声メモリ(CQマシン)アドニスのVM-240です。最新無線機は、録音再生機能を内蔵していますが、数台の無線機を切り替えてつかうには専用機の方が便利かなと。左が今回入手したVM-240、右がその前のモデルVM120(製造中止)です。違いは外部電源が使える、モニタ音量が可変出来る、メーカごとのマイクの配線がコネクタ式になり、半田付け不要等です。録音・再生時間やチャンネル数等は新旧の差はありません。…

続きを読む

今日の整備(センサーライトをつけて見た)

夜間トイレの電気が明かる過ぎて(**所の100Wではありません)、目がさえてしまうと家族から。 検索してみると、密林には大陸製品が山ほど見つかります。試しに、購入したのがこれです。箱を開けてみたら2個も!。タイトルを見直したら確かに2ケ口でした。(笑) あまりの安さに品質が心配になります。写真は1ヶのみで撮影。 コンセントに差し込むだけ、自動点灯(20秒間)、常時点灯、消灯の切替と若干の…

続きを読む

今日の整備 シャワーヘッド交換

家族から、シャワーの手元でON/OFFしたいとの希望を受けました。早速近くのDIY店で見比べると1500~6000円と各種あり選択に悩みます。 高価なものは、仕上げに高級感がある、お湯の出方を選択できると盛りだくさんです。要求はシンプルなものでよいとの事でしたので、お財布に優しい商品を選択しました。気を付けるのは、取付口のサイズです。メーカとか型番が判れば間違いありません。幸いにも現状品と同じ…

続きを読む

今日の整備 Voice Memory 電池切れ

何やらペデション局が出ているとDX情報が目につきました。いつもFT8ばかりで、久々のSSBです。あれ~? Voice MemoryのLEDが点灯していません。(Callを録音したメモリーが使えない) とりあえず、交信だけは済ませておきます。(RM0M/1K0MM 7/14) ネジを外しても、上下のケースははめ込み式のため簡単にはひらきません。10円玉と専用へらで ツメが欠けない様に…

続きを読む

今日の整備 Balun(HS-50B)の特性

古い同軸ケーブルを処分しようと整理していたら、以前自作したバンザイ型DPに使用したバラン(マルドル HS-50B)を発掘しました。 仕様です 中は、コイル(コアと線材)だけなので使えるとは思いますが、試しにnano VNAで確認してみました。面倒なので、測定系のCALはしていません。 赤丸の様に50Ωの抵抗をつけ、接続リード先端(赤ライン)とバラン端子直接接続(青ライン)して比べて…

続きを読む

6m用ダイポールアンテナを上げてみた。

先日撤去した5バンドGPアンテナのマストには、まだアンテナリレーが付いたままで 寂しがって見えました。(笑)   それではと、設置/撤去の楽な50MHz帯のDPでも上げてみようかと!  当初は、昔入手し大事(この日のため?)に保管していた100均のまな板をエレメントのクロスマウントにして、ちゃっちゃと仕上げる予定でした。どっこい、いざまな板に穴空け始めたら、パリパリと割れて(加水分解?)ホルダー…

続きを読む

血圧計の腕帯 (定期交換が必要?)

血圧計が古くなったので、そろそろ新調しようということになり、一寸だけ調べていました。 そこで、腕帯は定期交換するものらしいことがわかりました。長らく愛用している製品の説明書には特に記載はなかったかと。 メーカのHPで調べると ①腕帯寿命は1日6回の測定で、1年程度です。 血圧を正確に測定するために早目の交換をおすすめします。 ②空気漏れが生じたら新しい腕帯をお買い求めください。 だそう…

続きを読む

Nano VNA その12 (本体ケースを作る その2)

1/16の”Nano VNA その8 (本体ケースを作る)”の通り、自作のケースで使用しておりましたが、知人のブログ”向島ポンポコ日記”で紹介された” JL1VNQさんの頒布されている”nanoVNA用シンプルサイドバンパー”が気になり、発注させていただきました。在庫の無かった黒色を第一希望でお願いしたところ、すぐに製作して送ってくれました。→ Tnks. to JL1VNQ 1) 上が手配し…

続きを読む

今日の整備 はんだシュッ太郎 HSK-300を整備

”サンハヤト はんだシュッ太郎 チップ詰まり”という半田吸い取り機を入手しました。上が、手動の吸い取り機、通称”シュッぽん”。下が今回入手した”はんだシュッ太郎”で、半田を溶かしながら吸い上げるので、手動よりは確実です。半田詰まりを清掃中にピアノ線の様なものが中で折れてしまい(写真左上)、ポンプで半田を吸い上げる事が出来なくなっていました。ままよとばかり、1.5mmのドリルで削ってみましたが、ド…

続きを読む

今日の整備 臓機移植(30A電源モジュール課題処置)

先日、臓器移植を終えた電源の課題対策です1)出力電圧が微調整で12vからは13vまでどまり  出力電圧微調整部をいじくり回し、何とか13.8V(13.77V)を絞り出しました。  →出力配線にも手持ちの部材活用したため、ワンサイズ細いせいか、負荷をかけると100W送信時0.5V程電圧降下が見られます。2)内蔵FANの音が気になる(五月蠅い)  もともと12V仕様のファンに13.8Vですから、元気…

続きを読む

今日の整備 ケーブル配線

先日(ここ)のCATVのケーブル工事、さすがプロと感心していましたが、多量の雨が降るとベランダ内に滴が垂れ落ちることを発見。量はわずかですが、そのうち室内へ漏れこむのが嫌なのでケーブルフォームを一寸だけいじってみました。1.引込ケーブルを”U”字にする2.垂れた滴を逃がすルートを作る(余長が無く、U字の凹みが浅いので、タイラップで逃がす)今日の雨で効果を確認してみました。赤の縦線から右側がベラン…

続きを読む

今日の整備 臓機移植後の確認(電源の4A→30A化)

先日の4A電源の30A化の実機確認してみました。問題なく100Wの運用が出来る事を確認。 やはり、常時FANが回っているので少し五月蠅いですね。センサーを付けて温度上昇時のみFANを回すように改造しようかと思いましたが、静音タイプの方がよさそうです。 ちなみに摘出した臓器の不足分(電源スイッチ、LED)を追加して動作を確認。負荷試験まではしていませんが、出力はOKです。 廃棄はもったい…

続きを読む

今日の整備 臓機移植(電源の4A→30A化)

写真左上の様な中華製12V/30Aの電源ユニットを入手していました。小型・軽量、薄型なので、100w無線機用に丁度良いサイズなのですが、ケースにでも入れないと使いにくと思い、左下の様な4Aの電源を入手。机上検討時はぴったりサイズではないかと想定。臓機移植をすることに。 中華製電源ユニット:115W x 55H x 220D mm 小型メーカ製電源 :123W x 96H x 235D mm サイ…

続きを読む

100均の鉛筆削り

無線機修理の際、図面トレースで赤色鉛筆を使っています。PCでPDF図面も便利ですが、基板間の信号を追いかけるには紙図面のほうが楽です。昭和生まれの高齢者ですから、鉛筆は当然ナイフで削れますが散らかるのがいやなので、つい買ってしまいました。 と前置きが長くなりましたが、これが今回購入した100均の日本製鉛筆削り器です。 なぜか、鉛筆が挿入できません。 鉛筆挿入穴位置と削り基台の取り付け位…

続きを読む

今日の整備 スーパーキャパシタの交換

ジャンクで入手した測定器、1998年製 オシロスコープです。1)Nicad電池(青□)の長期保存で完全放電したのか、劣化で充電不可  中を見ると、このサイズに合う電池は入手不可。当面、ポータブル使用は無いので外部電源で運用。2)電源投入時、毎回Calibrationが実行される  これが正常動作か不明?なのですが、よく見ると1ファラドと容量の大きい(スーパーキャパシタ)が付いています。   周…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その7(EFLWとして仮設してみた Step-3-最終)

ラジアル線、給電線等の引き回しは仮設step1,2で傾向が判ったので、今度はエレメント長を22mとして試してみた。参考にしたEFLW-1Kのメーカーオリジナルは13.4mですが、Low Band用には長い方が良いとあり、オプションエレメント長は以下から選択できるようですFeet  m44   13,4(オリジナル長)   53   16,154(仮設した線長)73   22.25(今回の検証長)…

続きを読む

CATV改修工事

我が家は19軒の住居と店舗1軒の集合住宅で、TVはCATVでした。当時の設備ですので、中継器は新型に交換していたようですが、最近のサービス(電話、Net、4k対応等)で 昔からの配線(3C2V)では動作が不安定との事。ケーブルの各戸での交換はできないということで、新規に追加することになりました。建物裏側外壁への追加配線となり、綺麗なものではありませんが仕方ありません。 さすがプロの工事です。引…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その6(EFLWとして仮設してみた Step-2)

Step1はここでエレメント長16,2mにたいして、ラジアル微長するも160mと80mバンドはシーソーゲームです。そこで実際にEFLW-1Kをお使いのOMに、ラジアルはどのようにしているかを問い合わしてみました。頂いたアドバイスの様点は、(OMもメーカに問い合わせた結果だそうです)・ラジアルは不要(同軸の外皮をラジアルにする)・同軸ケーブーブルは15m以上・Choke-CMCは無線機側にとの事.…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その5(EFLWとして仮設してみた Step-1)

GPアンテナのステー(ロープ)にエレメントを這わせることで16,2mがなんとか張れそうなので仮設してみました。給電部とエレメントです。(choke coil,com filter等は無し)ここから約3m離れたアンテナ切替器まで手持ちの20m同軸で接続します。この時の飛び具合です。160mでは1,7エリアと交信出来ました。SWRです。このままでもハイバンドは使えそうです。160mも行けそうですが肝…

続きを読む