今日のQSOその2 8J1RL 南極昭和基地

第62次南極地域観測隊の運用です。 沢山の局が読んでいるので帯域内はびっしり。しばらく呼んでみましたが、全くNG。気を取り直し、高めの周波数で呼ぶと なんと結構な信号強度(+20dB)で届いていたようで驚きでした。

続きを読む

今日のQSOその1 8N8OLP 東京オリンピック記念

20m帯 FT4でのQSOで、北海道からの運用局す。 8N8OLPを検索すると、海外の局が紹介してくれています。JARLは何やっているんだろう.... https://dxnews.com/forum/forum/special-event-stations/34023-tokyo-olympic-and-paralympics-games Tokyo Olympic and …

続きを読む

今日のQSO VK5NEC (追記)

今朝の21M帯です。 AustraliaのAdelaide市と珍しいとこからのQRVではありませんが、コールサインのサフイックスが気になって、呼ばせてもらいました。(笑) QSBが深いのか、残念ながらRRは確認出来ませんでした。 追記: このブログをみてくれた VK5NEC ご本人の Richard さんからメールを頂きました。 先方には最後までこちらのメッセージは届いていたようで…

続きを読む

Cycle 25の活動の上昇が始まった可能性があると

Upswing in Solar Cycle 25 Activity May Have Begun ネタはQrznow.comからです。 W3LPL(Frank Donovan)は、太陽周期25の活動で予想されていた大幅な増加が4月19日に始まった可能性があると。「その結果、少なくとも4月26日まで、10M,14M帯の夜間伝搬と18M,21M帯の日中伝搬が強化される可能性があります」と …

続きを読む

密連での調達品 DC/DCコンバータ(KKHMF LM2596S 3A)

KKHMF LM2596S 3A DC-DC 1.25V-35V 調整可能 降圧 コンバータ ステップダウン モジュールです ・出力電圧: 1.25V-35V ・入力電圧:3.2V-46V ・電流: 3A MAX ・サイズ: 43mmx 21mmx14mm 3端子レギレータは各種手持ちがありますが、入出力電位差が大きいと発熱処理が面倒なので、内部発生ノイズの影響がなければ、この様な…

続きを読む

アンテナチュナー CG-3000 買ってみた(その1)

新たに入手したのがこれです。 断捨離中のはずなのにまたガラクタをと云われそうですが、現状のアルミパイプ型のアンテナの撤去は手間暇がかかり、面倒(危険)です。 このチュナーは先端に数メータのワイヤーをつけるだけでHFバンドに対応する(はず?)なので、滑車とロープで簡単?に設置(撤去)が出来るとの考えです。しかし、家族は 納得してくれません(笑) 以下、取説にある設置のイメージです…

続きを読む

旧スプリアス機の延命(意見募集)

無線仲間のMLにUさんから以下の情報がありました。 お上より、”新スプリアスへの移期限が無くなるような規則変更”の意見募集が出たそうな。 https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban12_02000124.html 【改正の概要】 ・経過措置の期限を「令和4年11月30日」から「当分の間」とする ・新スプリアス規格に移行していな…

続きを読む

Mode New A25RU Botswana、VK9CE Cocos Keeling

先日のVK9CE Cocos Keelingと今朝のA25RU BotswanaとNew DXCCではありませんが、初のFT8で交信できました。コロナ禍で約1年、ペデションも無かったのでやっとという感じでしょうか! A25RU Russian DXpedition Team proud to announce DXpedition to Botswana, in southern Afr…

続きを読む

今月(2021/02)のQSLカード

Buro経由のカードです。偶数月の配送ですが、今回分は3/2に届き、整理を忘れていました。 UV帯でのFT8運用とNYPのおかげか、今回も国内からのカードが多いです。  国内 23枚  海外  2枚  計  25枚

続きを読む

今夕の30mバンドはFBでした。

Band Newでインド洋のReunion島と交信ができました。 ここです。 その他、そこそこに飛んでいるようです。(左下はドイツの南極局) EU局と1時間くらいで、20局位程交信出来ました。 SSNはこんな感じです。

続きを読む

JARLのANT保険

昨年10月に支払いを済ませたJARLのANT保険の加入者証が届きました。今年も、何事もない事を祈るばかりです。 車購入の案内書が同封されていて、保険会社からの紹介すると個人購入よりも率?が良いらしい。 当方 高齢者につき、家族より免許返納を迫られています。(どうせ、乗らないでしょ と)

続きを読む

今日の整備 TS-590のFT8設定(備忘録)

年末まで使用できたいたTS-590のFT8がPCと同期しない現象が発生。原因は不明ながら、これまでにWindowsのup dateとTS-590の棚位置変更に伴う電源、USBケーブルの抜き差しのみ。周波数等はメモリーされていたので、BATT上がりではなさそう。(PCとはARCP-590ソフトで制御出来ている) 以下備忘録:kenwoodのサポート情報から抜粋 面倒なので、TS-590を出荷状…

続きを読む

NYP QSOパーティ Log提出

恒例の正月交信コンテストのLogを提出しまた。 例年は1/2,3の2日間から1/2~1/7までと開催期間が長くなりました。ルールは期間中20局以上と交信、信号強度+Op名をえるとというシンプルなもの。6日間、異なる局との運用すると、何やら抽選があるとの事ですが、とりあえず 条件はクリアしました。 今年は7MHz帯でFT8モードでも運用してみましたが、電子ログへの連携が取れていなかったので…

続きを読む

Dayton Hamvention Cancels 2021 Show

May 21 – 23 in Xenia, Ohioで開催予定であった恒例のDaytonでのハムベンションは、残念ながらCOVID-19が収束しないことから2022年に延期を決定したようです。詳細は以下で, https://qrznow.com/dayton-hamvention-cancels-2021-show/ Ham fair TOKYOもどうなるのか~、  メーカの新製品情報…

続きを読む

今年最後のQSLカードが 届きました

Buro経由のカードが届きました。今回は国内からのカードが多く、いつもより一回り大きな封筒です、  国内 38枚  海外  7枚  計  45枚 国内は多かったのは、FT8でのUV帯での運用で、呼んで頂いた局が大半でしたので、近場の1,2,7エリア局でした。 記念運用局です。 見事なアンテナ群です。 富士山デザインです。良いですね。

続きを読む

今日の整備 Icom用Voice Key Padその後(ラベル貼り)

先日のここで紹介したIC-7000用Voice Key Padにラベルを貼ってみました。 出来上がりはこんな感じ。 プリンターも寿命か? いざラベルを印刷しようとしたら、赤のインクが出ません。PTT部を赤指定ですが黄色です。実際は切り取るので、このまま使用します。密林で調達したリサイクル品の保管品(新品)をセットしたらインクカートリッジを認識しません。プリンターも時代ものな…

続きを読む

MFJの新製品 リモートアンテナ切替器(MFJ-4713)

切替専用線が不要な同軸給電型のアンテナ切替器の新製品です。MFJ-4713, HF 4-Position Remote Antenna Switch, 1.8-30MHz国内では同様な切替装置の製品は 見かけませんが、以前より、AMERITRONより以下の様なものが(RCS-4))発売されていて、USAではポピラーな製品です。現在は、AMERUTRON社もMFJに合併しているので、製品群がかち合…

続きを読む

New Toy ポチリましたFrequency Counter

NEWではありませんが、周波数カウンターをポチリました。もう、修理は止めようと断捨離を始めて、先般処分した周波数カウンターです。しかし、今回のIC-7000整備で無線仲間から借用して済ませましたが、つい ポチってしまいました。これ,Anritsu MF58です。処分した機種の前のモデルですが、~600MHzまで測定できるので、私の運用可能な帯域は確保できます。手持ちの信号発生より、借用したカウン…

続きを読む

今日の整備 IC-7000 リアパネルが賑やかすぎ?

また、IC-7000ネタです。 IC-7000は小型機でありながら、HF+6m(100W)から430MHz帯までのオールモード機です。欲張ると、リアパネルにアンテナ・電源以外に、Key・CI-V・外部PAD・スピーカ、その他アクセサリーまでのケーブルを接続すると、以下の通り賑やかになり手前に引き出そうにも簡単には出てきません。(笑) まだ、アンテナチューナ等もあるので、小型機の意味がなくなりそ…

続きを読む

今日の整備 IC-7000 RF回り込み

IC-7000 第4段目です。 144/430M帯でのFT8モード狙いで、インタフェースとの接続ケーブルを作成。DINコネの13ピンへの半田付けは年寄りには大変な作業です。(笑) 何とか仕上げたので、ダミーをつないで送信テスト。目的のバンドでは問題なさそうで 安心したのもつかの間、6m以下のバンドではおかしな挙動。そうです。RFの回り込みです。このままでは、通常のSSBモードでも出力を25W…

続きを読む

JA局のアンテナファームも凄い!

海外局には、まるでプロ局の様な巨大アンテナファームを見かけますが、JAでもポツンと一軒家で紹介されたJA1UTS局のタワー群も素晴らしいものでした。2021 1月号のCQ誌 表紙にもすごいアンテナ群が山中に。JA4DND局だそうです。 別冊のハム手帳のアンテナ群は、南極基地の観測用か?  

続きを読む

今日の整備 IC-7000用Voice Key Padを作る

本体内蔵のVoice Memory用です。メニュからの操作は面倒なので、専用に作成しました。回路は取説にあります。4ヶのタクトスイッチと4本の抵抗だけのシンプルな回路です。PTT用スイッチとMICコネクターを追加しました。そのままコンデンサーマイクが繋げます。そのうち、Two tone発生器でも内蔵しようかと少し大きめのケースにしました。ケースは手持ちのタカチのアルミ製でYM-100(100Wx…

続きを読む

今日の整備 IC-7000  fズレ調整

ここで書いたのの続きです。HFでのゼロインは全く気になりませんが、430M帯になるとSSBの運用局にゼロインすると中途半端な周波数になります。430 SSBerのMAU局によれば、10kセパで運用ているのが一般的と聞きましたので、それではと思い腰上げて調整にチャレンジしました。また、退職前の勤務先で大変お世話になったOさん(JOE局)からメニューモードのOTHにあるREFにより調整できると連絡を…

続きを読む