QST 5月号から New

QST 5月号からの広告です。何やら、面白そうな新製品が気になります。Rigexpertから nano VNAが一回り大きい(nano VNA-F)のが発売されるのでしょうか? 1.5kwがRegal powerの米国ですが、600wのアンテナチューナ―の新製品です。

続きを読む

STAY HOME

今朝、DXscapeで珍しいコールサインを発見。 9K2STAYHOME HZ1STAYHOMEDXnet.comによれば、クェートとサウジアラビアのアマチュア無線協会はCOVID-19パンデミックの認識のための特別コールで運用するようです。 駅前QRVとか、野山での移動運用はしばらくお預けにしましょう。皆さん自宅からQRVです。

続きを読む

久々に開けたハイバンド

昨晩(20J時前後)、21MHzでアフリカ方面が開けていました。こちらは5Z4/G3AB(ケニア)をコールしていた時のPSKリポートです。相手には届いているものの-24dBと弱く、応答はいただけませんでした。しかし、こちらのレポートによると、当方の信号は南アフリカにはそこそこの信号強度で届いていたようです。21J時頃にはフェードアウトしました。 この時の交信はパス上の通り、4S6WAS(ス…

続きを読む

3月のSSN

3月のSSNもさっぱりでしたが、新年度に替わり少し復活傾向です。 ここ数日、ハイバンドでも信号が見えるようになったのは気のせいではなかった様で、SSNは このまま上昇して欲しいものです。

続きを読む

Icom IC-705 出荷の遅れのアナウンス

3/末出荷予定であったIC-705がコロナウィルスの影響で、遅れる様です。残念ですね。 ニュースリリース: =========================================== 2020.03.31  「アイコムIC-705」お届け遅延のお詫びとお知らせ 平素はアイコム製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。 2020年3月下旬に発売を予定しており…

続きを読む

Elecraftもテレワーク(corona virus attack)

カルフォルニアにあるElecraft社もついに”Santa Cruz County Shelter in Place”で4/7までテレワークになるそうです。(News letter)スタッフはテレワーク、開発関連は避難所?、工場部門はクローズとか。この間、在庫のみの対応となるそうです。K4の出荷も5月との情報は?です。 早く収束することを祈るばかりです。

続きを読む

今年のDayton Hamventionは中止 (3/15 ARRL)

毎年、5月に開催されているDayton Hamventionは今年の開催をcoronavirus outbreakで中止決定、開催して68年、初めての中止だそうです。詳細は以下でhttp://www.arrl.org/news/dayton-hamvention-announces-cancelation-of-2020-show毎回、新製品・参考出品のお披露目があり 楽しみ多いフェアーだっ…

続きを読む

W1JR型フイルターを作ってみた

部品整理中、型式不明な わりと大型のコアを発見。以下のサイトを参考にサイズや適当に巻いて測定した結果から、アミドン製のT200-#6(カーボニル鉄コア)に近いものではと想定。 http://jf1vru.web.fc2.com/troidalcore/FerriteCore.htm 試しに途中から巻く方向を逆にする、W1JR巻きでチョークコイルを作ってみた。 Mini VNAで測ると、Lo…

続きを読む

LW用アンテナチューナ MFJ-939

Low Bandを運用したく、ロングワイヤ―(LW)を上げてみました。3,5MHzのFT8モードで何とか北米西海岸は届いている事は確認できましたが、1.8/1.9MHzは海をこえてくれません。やはり、アンテナチュナーは必要かなと思い検索していて、MFJ製品で以下の様な製品が見つかりました。 MFJ-939 plug & Play Auto Tunerだそうで、ICOM機にはAH3/4、Kenw…

続きを読む

今日のQSO TU5PCT ( Ivory Coast )

2/27 0030(U) 14MHz FT8 今週はDX-peditionでVP8PJ(South Orkney Islands:チリ-南極間の島)と、TU5PCT (Ivory Coast:西アフリカ)がにぎわっていますが、私の設備ではご本尊の信号が入感がありません。昨日の朝、TU5PCTが14Mで ノーマルモードでQRVしているが判り20分ほどワッチしていたら、突然3度ほど続けて-20…

続きを読む

40-10m Mobile Antenna with built-in ATU  MFJから

MFJからの案内が来ました。ATU内蔵のモービルHF帯アンテナだそうで、数か月以内に詳細が発表されるそうな。写真左(Yaesu ATAS-120)の様にコイル内で伸びチジミする今までのもの変わらないように見えます。ATU内蔵型と云うと写真右の様な(ICOMの海外販売品)イメージですがHW?

続きを読む

42回技術講習会 ”電波による観測・計測技術よもやま話”

昨夕は武蔵野クラブ(JA1YSW)の第42回技術講習会に参加させてもらいました。講師は、川口則幸 国立天文台名誉教授。約2時間、表題の興味深いお話を20名強のメンバーで伺いました。・VLBI技術での、電波位置天文学分野の最新の研究成果計測技術。、→「回転と変動」で、地殻プレート運動、地球中心核の運動、地球磁場変動、月の摂動運動や地球回転、銀河回転などですが、最近話題になっている地球温暖化に関連す…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その7(EFLWとして仮設してみた Step-3-最終)

ラジアル線、給電線等の引き回しは仮設step1,2で傾向が判ったので、今度はエレメント長を22mとして試してみた。参考にしたEFLW-1Kのメーカーオリジナルは13.4mですが、Low Band用には長い方が良いとあり、オプションエレメント長は以下から選択できるようですFeet  m44   13,4(オリジナル長)   53   16,154(仮設した線長)73   22.25(今回の検証長)…

続きを読む

JARLアンテナ保険加入者証受領

1年ごとにかけ捨てのアンテナに特化した損害保険です。階下にコインパーキングがあるので、何かあった時にと毎年欠かさずこの保険に入っています。でも、他にも損害保険に加入しているので、本当に必要かどうか検証すべきなのでしょうが、まあ、掛け金が1600円と云うこともあるので.....支払いは昨年10月頃だったと思いますが、証書は先週配送されてきました。(自分メモです)

続きを読む

Elecraft President Day Sale 2/18まで

今朝のElecraft <sales@elecraft.com>によれば、$25~100の割引で米国内は送料無料興味のある方は以下で、President Day Sale ends February 18, 2020.https://mailchi.mp/elecraft.com/presidents-day-sale?e=1dd744b634 大統領の日セール!(ワシントン、リン…

続きを読む

JARL東京支部大会に参加してきました。

2/9、ご時世がら大勢の集まる所へ出かけるのは如何なものかと思いつつも、QSLカードの転送依頼と情報収集のため出かけて来ました。今年の会場は、”国立オリンピック記念青少年総合センター”での開催。我が家からウオーキングで丁度良い距離でもあります。開場では顔見知りの方を数人見かけましたが、皆さんお仲間とご一緒の様子でしたので、お声がけしませんでした。 司会は今年もJH1CBX Masacoさん(歌…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その6(EFLWとして仮設してみた Step-2)

Step1はここでエレメント長16,2mにたいして、ラジアル微長するも160mと80mバンドはシーソーゲームです。そこで実際にEFLW-1Kをお使いのOMに、ラジアルはどのようにしているかを問い合わしてみました。頂いたアドバイスの様点は、(OMもメーカに問い合わせた結果だそうです)・ラジアルは不要(同軸の外皮をラジアルにする)・同軸ケーブーブルは15m以上・Choke-CMCは無線機側にとの事.…

続きを読む

Omega 900 – 10 band (160-10m ) QRP transceiver

Omega 900は、 Omega +の後継モデル。出力10Wの10バンド(60m / 5MHzバンドを含む)QRPトランシーバー。マイクと電源コードが付属 Technical specification of Omega900:•Rx [MHz]: 0.100 – 30.000•Tx [MHz]:Ham band 1.8 30MHz(5M帯含む)•Mode:USB, LSB, CWU, CW…

続きを読む

今日のQSO HU1DL El Salvador

メキシコとパナマの間に位置する国El Salvadorからドイツのハムによるペデションで2/13まで運用との事。 先日は30mバンドで返信あるも、尻切れで交信完了出来ませんでした。 今日はリベンジです。何とか40mで応答あったものの、一瞬 返信が途絶えたので心配しましたがRR73が確認出来ましたので安心しました。

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その5(EFLWとして仮設してみた Step-1)

GPアンテナのステー(ロープ)にエレメントを這わせることで16,2mがなんとか張れそうなので仮設してみました。給電部とエレメントです。(choke coil,com filter等は無し)ここから約3m離れたアンテナ切替器まで手持ちの20m同軸で接続します。この時の飛び具合です。160mでは1,7エリアと交信出来ました。SWRです。このままでもハイバンドは使えそうです。160mも行けそうですが肝…

続きを読む

1月のSun spot

少しだけですが、SSNが元気になったか?  月末は、28MHzでもオーストラリア局が入感していました。

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その4(アンテナ線の準備)

Un-Unも形になった(と思う)のでワイヤーの準備をしました。手本にしたMyAntenas.com社のEFLW-1Kのツエップタイプを参考に、再調整もできるだけ簡単に出来る様にこんな感じになりました。手持ちワイヤーが16m長でしたので、目的の16.15mにはちょぴり不足。不足分(赤線)を調整用ヒゲ兼用で、100均で見つけた“ギボシ“端子を使い付け足しました。次は、適当な同軸ケーブルの準備、そして…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その3(ケースに入れてみた)

ジャンク箱に 丁度良さそなケースを見つけたので,とりあえず実装してみました。検索してみると、コアの巻き数については6回巻きが良いとか、5回から12回までいろいろです。ケース入れるとき、試しに7回にしてみたところ、先日のデータより良い結果が確認出来ました。やはり6回巻きかと思いつつも、これ以上 ほどくと、巻き位置のバランスが崩れるので、このままワイヤーをつけて確認することとします。Nano VNA…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その2

今日は、1:9になっているかどうかをNano VNAで検証してみました。負荷抵抗は、部品箱にあった470,300,910Ωで測定、1:9ですから450Ω(470でもOK?)のはずです。測定結果(470Ωの時) 300Ωと910Ωの時(参考) 470Ωが、期待値に近い特性が得られました。ひと安心です。 後は,ケースに入れ、ワイヤー長を13.4m 16,15m 22.25mのどれかを どう…

続きを読む