6m用ダイポールアンテナを上げてみた。

先日撤去した5バンドGPアンテナのマストには、まだアンテナリレーが付いたままで 寂しがって見えました。(笑)   それではと、設置/撤去の楽な50MHz帯のDPでも上げてみようかと!  当初は、昔入手し大事(この日のため?)に保管していた100均のまな板をエレメントのクロスマウントにして、ちゃっちゃと仕上げる予定でした。どっこい、いざまな板に穴空け始めたら、パリパリと割れて(加水分解?)ホルダー…

続きを読む

PreciseRFからStepper Tuned MLAが登場

もう”さつき”です。リタイアの身ですので不要不急の用事はありませんが、老人がウロウロすると世間の目が厳しいので自宅でおとなしくしています。(笑)  さて、QST Digital 6月号の広告で見つけました。アパマンハムには嬉しいアンテナです。 主な機能 ・ステッパーモーター精度 ・便利なリモートチューニング ・バンド、SWR、ERPなどを表示 ・クイックバンドセレクション ・SWRに…

続きを読む

LW用アンテナチューナ MFJ-939

Low Bandを運用したく、ロングワイヤ―(LW)を上げてみました。3,5MHzのFT8モードで何とか北米西海岸は届いている事は確認できましたが、1.8/1.9MHzは海をこえてくれません。やはり、アンテナチュナーは必要かなと思い検索していて、MFJ製品で以下の様な製品が見つかりました。 MFJ-939 plug & Play Auto Tunerだそうで、ICOM機にはAH3/4、Kenw…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その7(EFLWとして仮設してみた Step-3-最終)

ラジアル線、給電線等の引き回しは仮設step1,2で傾向が判ったので、今度はエレメント長を22mとして試してみた。参考にしたEFLW-1Kのメーカーオリジナルは13.4mですが、Low Band用には長い方が良いとあり、オプションエレメント長は以下から選択できるようですFeet  m44   13,4(オリジナル長)   53   16,154(仮設した線長)73   22.25(今回の検証長)…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その6(EFLWとして仮設してみた Step-2)

Step1はここでエレメント長16,2mにたいして、ラジアル微長するも160mと80mバンドはシーソーゲームです。そこで実際にEFLW-1Kをお使いのOMに、ラジアルはどのようにしているかを問い合わしてみました。頂いたアドバイスの様点は、(OMもメーカに問い合わせた結果だそうです)・ラジアルは不要(同軸の外皮をラジアルにする)・同軸ケーブーブルは15m以上・Choke-CMCは無線機側にとの事.…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その5(EFLWとして仮設してみた Step-1)

GPアンテナのステー(ロープ)にエレメントを這わせることで16,2mがなんとか張れそうなので仮設してみました。給電部とエレメントです。(choke coil,com filter等は無し)ここから約3m離れたアンテナ切替器まで手持ちの20m同軸で接続します。この時の飛び具合です。160mでは1,7エリアと交信出来ました。SWRです。このままでもハイバンドは使えそうです。160mも行けそうですが肝…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その4(アンテナ線の準備)

Un-Unも形になった(と思う)のでワイヤーの準備をしました。手本にしたMyAntenas.com社のEFLW-1Kのツエップタイプを参考に、再調整もできるだけ簡単に出来る様にこんな感じになりました。手持ちワイヤーが16m長でしたので、目的の16.15mにはちょぴり不足。不足分(赤線)を調整用ヒゲ兼用で、100均で見つけた“ギボシ“端子を使い付け足しました。次は、適当な同軸ケーブルの準備、そして…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その3(ケースに入れてみた)

ジャンク箱に 丁度良さそなケースを見つけたので,とりあえず実装してみました。検索してみると、コアの巻き数については6回巻きが良いとか、5回から12回までいろいろです。ケース入れるとき、試しに7回にしてみたところ、先日のデータより良い結果が確認出来ました。やはり6回巻きかと思いつつも、これ以上 ほどくと、巻き位置のバランスが崩れるので、このままワイヤーをつけて確認することとします。Nano VNA…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その2

今日は、1:9になっているかどうかをNano VNAで検証してみました。負荷抵抗は、部品箱にあった470,300,910Ωで測定、1:9ですから450Ω(470でもOK?)のはずです。測定結果(470Ωの時) 300Ωと910Ωの時(参考) 470Ωが、期待値に近い特性が得られました。ひと安心です。 後は,ケースに入れ、ワイヤー長を13.4m 16,15m 22.25mのどれかを どう…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その1

無線クラブのMLで米国MyAntenas.com社のEFLW-1KのツエップタイプのLWアンテナが紹介された。これです。メーカのサイトを見ると、被同調型のロングワイヤ―で1:9のバランを使っているとことが判りました。HF帯全てに同調させるにはチューナが必要とは思いますが、バランだけでも作ってみようと準備を始めました。どうも、ワイヤーの長さが肝の様で、以下の長さを選択できるようです。Feet   …

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ、交換パーツ到着

今夕6時の配送予定でしたが、今朝 9:15 セイノーS EXPさんが予定より早く届けてくれました。ありがとうございます。安価なのか、関税等一切の追加費用請求はありませんでした。 商品です。(梱包サイズ:14.5x14x95.5cm)梱包材もプチプチを巻いただけの簡素なものでした。 MFJ(Cushcraft)さん、ありがとう! 先日一時修理が終えていますので、本品は予備(次の台風?…

続きを読む

Cushcraft R8 保守部品 日本到着したようです。

10/19 台風でパイプが曲ったので 交換部品としてMFJ(米国)に発注。発送の連絡が来ていたので、FedExの荷物追跡を確認したら、今朝 成田に到着したようです。・11/12 AM メーカ(ミシシッピ、米国)からFedExに集配依頼。・11/14 テネシー州まで国内輸送、11/15米国発、11/16成田勅の様です。この後、通関して11/18 PM6時配送予定との事。一番安い方法での送付を選択し…

続きを読む

Cushcraft 最終SWR、R8のステー治具 R8GKもどきを作る

今日は午後から青空に変わりましたので、屋上で写真撮影です。左が、台風直後の曲がり、右が昨日修理後の状態です。修理の経緯https://98748876.at.webry.info/201910/article_9.htmlhttps://98748876.at.webry.info/201910/article_11.htmlhttps://98748876.at.webry.info/2019…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 とりあえず完了

MFJからアンテナパーツ送付の連絡あり。やっとです。 10/19 パイプの曲ったトラップをMFJ(米国)に発注。送料と納期を確認するも、送料の連絡はあるも、いつ出荷するかは連絡ありませんでした。  今朝、MFJから11/12 出荷した、FedEx から集配したよ、配送予定は11/18と 連絡ありました。 早く修理品を上げないと、修理結果が確認ができないということで、午後から屋上へ。台風もシーズン…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 覚書その2

トラップ部の曲がりを機械的な補修をとりあえず完了しました。L、Qの確認(メモ)パイプ補強後のL/Q値を前回同様LCRメータで確認。Before(after)値です。測定周波数   L値     Q値   1k    6.5 (6.3)μH   1.25(0.7)  10k   5.48(5.56)   6.68(4.96)      100k   4.98(5.03)   23.9(21.5)予…

続きを読む

Cushcraft R8のトラップ修理 覚書その1

台風でトラップ部の曲ったパイプの修理の試み→覚書です。曲ったパイプを交換が出来ないかと頑張って抜こうとしたのですが、簡単には抜けませんでした。当たり前ですね。簡単に抜ける様では、エレメントが風で飛ばされてしまいます。保守部品として、メーカに発注済み(まだ、納期回答はありません)ですので、ダメもとで修理にチャレンジしてみました。1)曲った部分をカットする2)一サイズ細いパイプ(16φ)を中に遠し、…

続きを読む

40m用にツエップアンテナを仮設しました。

先日の台風で曲ったアンテナ、特性的には保修済みでしたが外観上不安感があるので曲った分を撤去。30m,40mバンドが使えなくなりました。押入れ整理していたら、昔使用した15m/40mのツエップアンテナが出てきました。広帯域アンテナがありますが、屋上設置のアンテナ切替器にポートの空きがありましたので、40m用として仮設してみました。目立たぬ様に、屋上からの高さは給電点で1.5m、先端で約5m高としま…

続きを読む

今日の修理 R8のトラップに遊ばれています。

台風で根元が曲ってしまったトラップを、だめもとで修理に挑戦しています。1)トラップの共振確認まずは、現状把握の意味で手持ちのアナライザーで確認してみました。アナライザーはMFJ-259Bとオプションのデップメータ用コイルMFJ-66です。MFJ-66は、今回初めて使います。はじめは、デップ点が見つからず、測定方法が悪いのか(結合が十分とれていない~)と悩みました。あきらめずSWR表示用のメータを…

続きを読む

アンテナ第三者賠償責任保険

JARL会員向けのサービスです。 毎年この保険を利用していますが、一般的な損害保険にも入っているのでその価値が?と思いながらも、手続きを済ませてきました。

続きを読む

台風19号の爪痕。追記あり

被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます 12日、風は21時過ぎから30分程度、瞬間的にはかなりの強風だったようです、1FのELVホールの前は 近所から飛んできた枝葉が散乱していました。17号後、風対策として屋上アンテナもステーを追加して2段としたのですが、残念ながら先端部で曲ってしまいました。 対策時 19号での被害中央と右の2本は、”柳に風”スタイルで心配していたのですが、何とか堪…

続きを読む

アンテナ(Cushcraft R8)SWR再調整してみました。

昨日のステー追加工事の際、各バンドの同調点の調整にチャレンジしてみました。図中、 ①台風15号直後 ②切れたトラップ修理とゆるみ部分の手直し後 ③ステー追加工事にあわせて各エレメントを長を微調整したものです。なお、メーカの取説で、運用周波数に合わせられるのは、7,50MHzのみです。説明はありませんが、エレメント長の調整できるのは、24,21,28MHz帯のみで、10,14,18MHz帯は調整ポ…

続きを読む

アンテナ(Cushcraft R8)台風対策 ステー追加

台風18号対策です。先日17号の時でも結構揺れていたので、ステーを追加して2段に。一段目(8mH)のトラップ下に3方向引いていました。追加のステーは約9.5mHのトラップ上段部から4方向としました。 屋上がにぎやかになりましたので、ステー線のステルス化が必要になりそうです。上段部が”く”の字に曲っているのは、昨年の台風で下のトラップのパイプが曲った為です。(地上から撮影)地上からはこの様な感じ…

続きを読む

アンテナ、結構揺れます。Cushcraft R8

台風15号で8バンドGPのSWRが悪化し、少しづつ復旧中です。17号が温帯低気圧後、地上ではそれほど感じられなかったのですが、屋上での風は結構強かったようです。アンテナ中間より一寸上からスターを3方向に張っていますが、その上部のトラップでは風圧で かなり揺れることを確認。(9/23撮影)VID_20190923_151057s.mp4手前の5バンドGPはステーなしでも何とか耐えているのがわかりま…

続きを読む

台風の被害:R8 8バンドアンテナ特性激変 その2 仮復旧

Cushcraft R8 障害調査の続きです。 重い腰を上げてSWR悪化の原因調査に。台風直後の状態はここの通り。アンテナ根元に固定ジグを付けましたので、上げ下げが随分と楽になりました。給電点近くのラジアルは、ピアノ線のような材質なので適当に曲がってくれるので、気にしていません。まずは、マッチングBOXのM型コネクタの締め付けガタを発見。芯線の半田を外さなければならず、いったんマストとから外し…

続きを読む

台風の被害:R8 8バンドアンテナ特性激変 (ショック)

 被害を受けた方々にはお見舞い申し上げます。 さて、我が家のアンテナもGPが3本(HF40~6m 8 Band,20~10m 5 Band, U/Vの3 Band)と、ロングワイヤーが屋上に上がっています。昨年の台風では、Cushcraft R8 ステーから上部分で若干曲ってしまいました。9/8の午前中にステーや同軸ケーブルの点検・養生をすませ、翌日15号の通過した朝一番で目視点検と受信確認では…

続きを読む

台風24号

皆様は、大事なかったですか? 昨晩はすごい風で屋上からの同軸ケーブルがパタパタと心配でしたが、2時から5時まではぐっすり寝てしまい、記憶がありません(笑) 今朝は台風一過の秋晴れ、外へ出るとアンテナ郡?はとりあえず無事。 屋上へ上がると、R8の先端が傾いていました。ステーも緩んでいましたが、効果は十分のようでした。まあ、先端の曲がりは気になりますが、性能には影響無いだろうと 当分はこの…

続きを読む

14MHz MONSTER YAGI (ネタです)

Nwt検索で、いつものQRZ now.comで見つけました。3年前の記事の様です。 ZL6QHが建てた5エレ、ブーム長16mで方位固定。 庭の広い方は、は試して見る価値がありそうです。 詳細は以下で、 http://qrznow.com/monster-yagi-for-20m/    

続きを読む

今日の整備 ( 同軸交換 )

R8アンテナ設置で、40mバンドも運用可能になりましたので、仮設していた40m ツェップ型アンテナを撤去して、広帯域アンテナ(ダミーロードアンテナ?)を再設置しました。 これで、運用する機会は殆どありませんが、80/75mバンドも一応 電波が出せます。   ついでに同軸ケーブルも交換しました。 取り外して見てびっくり、あちこちに被服破れが確認されました。 雨水の浸入もあったはず…

続きを読む

Cushcraft R8(米国製)を組み立てる(ステー追加工事)

あまりトップが揺れるので、意を決して 一度倒すことにしました。 一寸風がでると、こんなに揺れています。 台風レベルでは持ちそうもありませんね。  倒すのも、約9m/10.5kgを根本だけで支えるのは大変で、風吹くと体ごと持って行かれそうでした。 何とか寝かせて、  →6mのエレメント微調(あまりの疲れに12mは調整するの忘れた)  →エレメントの全接続部をテーピング  →エ…

続きを読む