1:9のUn-Unを作る その4(アンテナ線の準備)

Un-Unも形になった(と思う)のでワイヤーの準備をしました。手本にしたMyAntenas.com社のEFLW-1Kのツエップタイプを参考に、再調整もできるだけ簡単に出来る様にこんな感じになりました。手持ちワイヤーが16m長でしたので、目的の16.15mにはちょぴり不足。不足分(赤線)を調整用ヒゲ兼用で、100均で見つけた“ギボシ“端子を使い付け足しました。次は、適当な同軸ケーブルの準備、そして…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その3(ケースに入れてみた)

ジャンク箱に 丁度良さそなケースを見つけたので,とりあえず実装してみました。検索してみると、コアの巻き数については6回巻きが良いとか、5回から12回までいろいろです。ケース入れるとき、試しに7回にしてみたところ、先日のデータより良い結果が確認出来ました。やはり6回巻きかと思いつつも、これ以上 ほどくと、巻き位置のバランスが崩れるので、このままワイヤーをつけて確認することとします。Nano VNA…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その2

今日は、1:9になっているかどうかをNano VNAで検証してみました。負荷抵抗は、部品箱にあった470,300,910Ωで測定、1:9ですから450Ω(470でもOK?)のはずです。測定結果(470Ωの時) 300Ωと910Ωの時(参考) 470Ωが、期待値に近い特性が得られました。ひと安心です。 後は,ケースに入れ、ワイヤー長を13.4m 16,15m 22.25mのどれかを どう…

続きを読む

1:9のUn-Unを作る その1

無線クラブのMLで米国MyAntenas.com社のEFLW-1KのツエップタイプのLWアンテナが紹介された。これです。メーカのサイトを見ると、被同調型のロングワイヤ―で1:9のバランを使っているとことが判りました。HF帯全てに同調させるにはチューナが必要とは思いますが、バランだけでも作ってみようと準備を始めました。どうも、ワイヤーの長さが肝の様で、以下の長さを選択できるようです。Feet   …

続きを読む

Nano VNA その8 (本体ケースを作る)

専用ケースを作るのは難しい、さりとて落としでもしたら ばらばらになりそうな筐体なのと、1/7の”Nano VNA その4 収納ケース”で保管の際にもカース内で動かない保護方法を考えてみました。ケースの材料は少し柔らかい いつもの百均のはがきケースを利用。タッチパネルなので、上蓋は諦めました。こんな感じです。パーツ収納ケースにもピッタリサイズ(そのように作りましたので Hi)なかなか、いい感じでし…

続きを読む

今日の整備 FT8 用インターフェースの改造

先日作成したインターフェース、なぜかVOXモードでのFT8が遠隔でうまく送信できません。(送信が断続となる)それではと強制PTT方式とすべく、USB/シリアル変換モジュールを追加して、RTS信号で対応。実験中。とりあえず、使い古しのケースに組み込みました。穴だらけのケースでしたので、シールをはりごまかします。今度はうまく動きました。 ケースを新調し、動作確認用のLEDとRTTY/KEYer モ…

続きを読む

超簡単、デジタルモード インターフェースを作る。

FT8等のデジタルモードを楽しむに為、RS-232/USBインターフェース等の設定が不要なもので、ノイズ対策用のトランスと、レベル合わせのボリュームだけのの超簡単インターフェースを有り合わせの部品で作ってみました。Mic端子のみリグにあわせる必要がありますが、アドニスの変換ケーブルが利用できます。これをノートパソコンのmic/イヤフォンにつなぐだけでです。送信はVOXを使います。これで、モービル…

続きを読む

今日の整備 電池ケースにDC/DCを組み込む

目的:5V(スマホ充電器等)から13.8Vを得る これは、以前作成した電源用接続端子です。ため込んだ各種AC/DCアダプターの端子を統一して簡単に接続できるよう単三電池3本用のケースを利用したBOXです。 Amazoで買い込んだいた中華製のDC/DCコンバータが余っていたので、詰め込んでみました。 これで、入力電圧をそのまま端子出す(In=Out)、その隣に13.8Vの定電圧の出力…

続きを読む

今日の工作 (またまた、DC分配機)

毎日、少しずつではありますが何かしらの修理・工作をしています。 しかし、すぐ使う必然性がないのでその進捗は亀(?)より遅く、なかなか完了しません。 今回は、たまたま部品を探していて発掘したスピーカ端子です。 アンプの自作の予定がありませんので、またまた、電源分配機に流用する事に。 ケース加工です。   部品取付完了です。   進歩は小さな2.1ΦのDCコネクタを追…

続きを読む

今日の工作: 制御パネルのセパレートケーブルを作る

モービル搭載型の144/430MHz帯のFMトランシーバ、 八重洲のFT-7800を入手しました。 操作部と本体のセパレート化の出来るモデルです。 制御ケーブルは6pのモジュール型でしたので、以前作成したTS-480とコンパチであることが判りました。   整備点検が終わりましたので、早速、手持ちのケーブルで約1mの延長を図ることにしてみました。 完了です。   黒色のケ…

続きを読む

20dBカプラ(もどき)を造る

古い無線機の点検中です。 周波数の精度を確認しようとしましたが、以前はダミーロードのカウンター出力を使って測定していたが、断舎利で処分済み。 それでは20dBカプラの出番となるのですが、持ち合わせがありません。 20dBカプラの自作例とは以下のようなもの。 (写真は、JH1LHV局のブログから無断借用。済みません)   まあ、今回はカウンターが計測できるレベルでよいので、適当に!…

続きを読む

ディスプレースタンドを造る

そうめんの入っていた木箱のゴミ出し命じられましたが、手頃の厚さとカッターで加工できる柔らかい木材でしたので、キーボードを格納するするスタンドを造ってみました。 現物あわせで△コーナ用に切り出し、元箱をつぶしたときの釘をそのまま再利用。 工作と云えるものではありませんが、少し周辺がスッキリしました。  

続きを読む

FT231X USBシリアル変換モジュールを使ってみる

覚書です。 また↑3 FT8用インターフェースBOXです。今度はIcom CI-V用   Icom機のCAT制御はCI-V(TTLレベル)です。そのため今までのようにUSB/RS-232のアダプタを使用するとTXd/RXdレベルをTTLに変換しなければならず、このレベルコンバータ用に電源を必要となります。(Di等ですます方法もありますが) よって、今回は秋月のFT-231X USB-…

続きを読む

またまたFT8用インターフェースBOXです。

知り合いがYAESU mk5 FT-1000MPでFT8モードを運用したいとの話を受けましたので作ってみました。 ケース等は買い置き品使用のため、毎回デザインが異なります。RS-232のD-SUB 9ピンプラグも穴あけ加工が面倒なので丸形DIN型採用の手抜きです。出力側のケーブルを変えることで、他のモデルでも使用できる様にしました。 外観(前面)です。  裏面です。  …

続きを読む

今日の工作 (RTTY,CW,PTT,JT65,FT8用インターフェース)

ブログを見た友人から、私にもとリクエストがありましたので、また作っています。 すでにCAT接続は出来ているとのことで、音声系と、3CHのオープンコレクタ出力だけの簡単回路。 ケース等は、別途相談してからに......   回路図です。 何時も代わり映えしない図面です。今回は基板と外付け部品とはコネクター接続と贅沢?設計にしてみました。(笑)  

続きを読む

今日の工作 (FT8インターフェース YAESU用 完成)

動作確認が出来ましたので、小さなケースに組み込んでみました。 完成型です。   D-SUB9ピンコネクタのケース固定に問題ありました。コネクタを通常のネジ止めすると、相手側のコネクタのネジ部に干渉して取付出来ません。仕方なく、接着剤で固定。 PTT/key出力には、コンデンサーと おまじないのEMIーFILを追加しました。   実際のWSJTソフトとの組み合わせ動作確認 …

続きを読む

今日の工作 (FT8用インターフェース 試作中)

友人より、Note PCでFT8をやりたいが、USBで簡単なインターフェースはないか?と相談を受けました。手持ちのUSB/RS-232C変換アダプターの活用しようとしたら、”ProlificのPL2303”ではドライバー認識せず。 先の方法(前日5/28ブログの処置)で使えるようになりました。 バラックで組んだ回路の試験をしてみました。 RS-232(TXd/RXd,G)をリグのポート…

続きを読む

USB/RS-232C変換アダプター”ドライバー(コード 10)”、Win10で認識せず

自分へのmemoです。(FT8のアダプタ試作と分けました) USB/RS-232C変換アダプター”ProlificのPL2303”、”このデバイスを開始できません。 (コード 10)”のerrが発生、Win10で認識してくれません。 デバイスドライバー更新するも、”最新です”の一点張りで、errは改善されません。 検索調査してみると、Windows8以降サポート対象外らしいのです。 …

続きを読む

地球儀を作る(ペーパークラフト)

最近、デジタルモードのFT8で遊び始めました。 PSK reporterで見ると、こちらの信号は届いているのに、応答率の低いエリアがあります。 何故かな~と思いながら....、急に地球儀が欲しくなり、ペーパークラフトで作ってみました。 ここで見つけました。(他にも 色々あります) http://www.kids.isas.jaxa.jp/ex/earth/index.html   …

続きを読む

今日の工作 (テープ型LED照明)

先日Amazonで超安く入手した必要な長さに切って使えるLEDテープ型ライトです。 https://www.amazon.co.jp/dp/B00B7YMLGO/ref=pe_492632_159100282_TE_item   スターウオーズのライトセーバーではありません。 無線機の修理作業時、該当箇所全体を照らす、夜間 机の下のもの探し用です。 とりあえず60cm(LED-36ヶ)…

続きを読む

今日の工作(FT8モード対応 IF ケーブル)

友人より、てっとり早くFT8モードを運用するには? との事で 急遽 簡単インタフェースを作成しました。 免許への附属装置追加申請は年明けにやるとして、とりあえず接続用のケーブルのみですが、直ぐに受信は可能ですし、ダミロードで送信TESTもOKです。   YAESUとICOM用のケーブルと、アース系を分離するためトランスをRig-PC間に挿入。 全て手持ちのパーツにつき、出来映えはご容赦願…

続きを読む

今日の工作(RS-232C D-SUB 25p/9pコネクタ変換ケーブルを作る)

以前修理した広帯域受信機(AOR AR-3000A)は、PCからも制御出来る様ですがレガシーのRS-232Cです。 しかも25pinです。メインPCにはComポート(9pin)を拡張しているので、変換ケーブルを作ってみました。    最初は手抜きで、TxD/RxDとGND(CTS-RTSはマルチ)のみ接続したのですが、NETで見つけたソフトでは動作しませんでした。    あらためて、9…

続きを読む

今日の工作(自作CQマシンの復活その2)

先の(7/28)はがきケースのままでは格好が悪いので、きちんとした?ケースに入れることに! 色々探してみましたが、丁度良いサイズが見つかりません。 使い回しのケースがありましたので、無理矢理押し込めました。 これです。      ・高さが足りず、ヒートシンクを3mm程ヤスリで落としました。  約7Vのドロップ分が熱になりますので、いずれはDC/DC CONV式のものに変更するかも…

続きを読む

にわか壁紙はり職人(入門中)

娘の部屋の壁紙が薄汚れてきました。 家具や荷物が多く 業者さんへの発注が難しいので、自分でチャレンジする事に! 作業前に、net情報でイメージトレーニングします。 まずは、家具に隠れる場所(失敗しても見えない)から試してみました。 選んだ壁紙は、のり付きのものを購入しました。(DIY店で一番場所を取っていたので一般的なのか?)  1本が15X0.98mで結構な重さでDIY店からの持ち…

続きを読む

今日の工作(自作CQマシンの復活)

もう、23年も前に作成したCQマシン(Voice memory)です。 JA0のOMがCQ誌に発表されたものを自作したものです。肝のISD社のチップは、半導体商社勤め知人に無理をお願いして入手したもの。張り切って制作したものの、ハイパワー運用のコンテスト局に使用していただいたところ、LOW BANDで使用するとRFからの回り込みがあるとの指摘から、対策後の確認する機会もなくそのままお蔵入り。 …

続きを読む

今日の工作(ステップドリル 恐るべし)

DINコネクタ用の穴あけに使ってみました。   必要な穴経は16mmです。(本当は15mmが一番なのですが、奇数サイズは無いみたい) 今までは、2mm程度で位置決め穴(下穴)を開け、6mm前後で拡大し、あと手動リーマでごりごりと必要なサイズまで広げていました。時々、必要以上の穴になる失敗も! しかし、このステップドリルは下穴のあと、一気に目的のサイズまであけられます。このドリルは電動…

続きを読む

今日の工作(実験用のDC-OUTLET BOX 第二弾です)

実験中にAV/DCアダプタが壊れたのに気づかず、基板を壊してしまいました。 以前も作成しましたが、各種AC(1.5~30V)アダプタに対応させ、デジタル電圧計を内蔵しました。   DCプラグのサイズを統一するか変換アダプタを使用することで各種対応。    単三3本用のケースを流用。電池1本分のスペースが余っていますので、DC/DC CONVを内蔵し2電源出力対応も可能です。   こ…

続きを読む

今日の工作(電源コネクタを作る)

もう5月です。仕事を辞めて初めてのGWですが、今までのように待ちにまったとGW(休日)という感じは無く 寂しいものです。 さて、電源ユニットを内蔵しようと適当なケースを物色中、手頃な大きさの古い無線機を入手しました。 年代ものですが、意外と綺麗だったのと回路図がついていたので、分解前に動作確認でもしてみるかと....... しかし電源ケーブルが無い、しかも今となってはなかなか見かけ…

続きを読む

今日の工作(CI-V BCD CONVERTER その2)

先日作成したICOM機からYAESU機へのバンド情報変換機ここの改造版です。   PICのソフトを作成してくれたT-MASAさんが、バンド情報の表示方法をBCDのLED表示から、直接バンドを表示する方式に改善してくれました。これで、BCD(High/Low)表示から該当バンドを直接点灯するので頭の中での変換が不要となり、便利になりました。 旧表示方式   改造版の内部(旧ケースの再…

続きを読む

今日の工作(MOTOROLA MICをICOM用に改造してみました)

 MOTOROLAのHMN3596A業務用MICです。接続が判らないとのことで新品未使用状態で譲り受けました。    カールコードについている青のタグは運用者へのSafety informarionです  ・アンテナの近く(0.6m)に人がいるときは送信してはならない  ・RFコネクタが正しく接続されていること、又は終端されていない場合送信してはならない 等々、送信に際して、人と無線機…

続きを読む