北軽井沢の秋(CQ-WW-SSBコンテスト 10/28 ~ 10/31)

6月以来の訪問です。

関越では紅葉はまだまだだな~という雰囲気でしたが、軽井沢18号バイパス周辺まで来るといい感じになってきました。しかし、生憎の雨で早く日が落ちてこんでしまったのかよく色づきまでは見えませんでした。
画像
北軽井沢に入ると温度も外気6度、山荘の室温9度と冷えこんでいました。(写真の上は、山荘の床下=外気と、室内温度) 

今回の訪問は、以前のようなスタミナ・根性は無いもの久し振りのCQ WW SSBコンテストに参戦と私は遊びですが、山荘オーナ様は冬ごもりの準備です。
画像 残念ながら、北軽井沢の紅葉はピークを過ぎているようでしたが、唐松の紅葉がまだまだ綺麗でした。 

画像
日曜日朝の浅間山 

画像
午後、裏にはから見えた白根さんを中心とした山々です。 


コンテスト開始(10/29 AM9時スタート)
画像
 例年なら沢山の米国方面(W)と交信出来るのですが、西海岸のコンテスト常連さんしか聞こえません。
 それも、1時間で程度(10時頃)で聞こえなくなります。
 午後になっても聞こえるのはオセアニアとお隣大国の信号ばかり。
 夕方のEU方面も聞こえません。
 今までは、初日には400局位出来るのですが、左の通り、情けない結果です。(時間軸はUTC)  

コンテスト2日目
 朝5時頃から開始したのですが、相変わらずWの局増えて来ましたが、ロッキー山脈から東方面の局が聞こえません。
 28MHzが少し開けてきたのが局数を稼ぐというほどではありません。
 参加カテゴリーは100W以下のクラスでの参戦で、CQ連呼しても両サイドの強力局につぶされ、呼ばれる事は少なく、寂しい時間が続きます、結局は予備に回り、効率が悪いです。 

画像
 あまりのコンデションの低落に、午後は、庭の落ち葉焼きです。買い忘れたので、焼き芋を楽しむ事は出来ませんでした(笑)。
写真は、山荘オーナさんから....

 夕方から、復帰してチャレンジするも、EU・EUロシア方面はまったくNG。イタリア・ドイツ局がLog inされなかったコンテストは初めです。 

 後で見た いつものWeb”hamlife.jp”ではオーロラが大発生したとの情報がありましたが、全バンドがNGということはありませんでしたが、何らかの影響があったやも知れません。
http://www.hamlife.jp/2016/10/28/sunspot-20161028/
画像
 二日までの結果です。 
 
コンテスト三日目
画像
 48Hのコンテストですが、JSTでは9時開始ですので、月曜日の朝8:59までです。
 今朝は、東海外側のWや、カリブの信号が入感してにぎわっています。北よりの信号はフラッター気味です。
 収穫は約40分がんばり、やったの思いでNeWの”V47T” St Kittsがget出来ました。
 その30分後には、V46Bが数分で出来てしまいました。驚きです。 


いつもの設備
画像
アンテナです。 

画像
OPスタイルです。 

何とも情けない局数(以前は千局を超えていたのですが.......)でしたが、21M帯を中心に3,5~28MHzで参戦出来ました。山荘オーナーさんには感謝です。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック