ASUS X551CA ノートパソコンのメモリー交換

PC
サブタイトル:仕様の異なるメモリを搭載してみた(DDR3 L のところDDR3を)
画像
モデルは、ASUS ノートパソコン” X551CA ”です。

一般的なノートPCのメモリー増設(交換)は簡単なはずですが、このPCは違います。
オリジナルはWin 8の2Gで安価でしたので、大した調べもせずに落札してしまいました。
Win 10にしたNet検索用でしたが、メモリー不足がたたり動作が遅いです。
調べると、やはりこの道の先人が分解交換した情報が見つかりました。 

画像先人の改造記事をよく見ず、とりあえず4Gメモリを入手。ここでも失敗してしまいました。本来ならDDR 3 L (1.35V品)を手配すべきところ、入手品を良く見るとDDR 3の1.5V仕様でした。
分解交換は結構リスクがあるので、PCに詳しい友人に聞くと、”仕様が同じで、電圧での選別品ではないか、保証はしにが動くかも”との意見に後押しされ、お試し交換を決意。T(正)さん TNKS!  


画像
底面を見てもメモリーおろか、電池を交換する事もできません。 

画像
それではと早速分解に取り組みました。
ネジ長が違うので、間違わないように。ネジをはずしても、ケースは簡単には開きません。ケースの角からこじ開けて、はめ込んでいる部分を破損させぬよう、慎重に・大胆に ばりばりとこじ開けます。


画像
リボンケーブルが3本。 細い線は黒い部分を、太い(多芯)の方は白い部分を引き臆すと簡単にはずれます。
これでキーボード部分が剥がれます。SSD化する方は、ここで出来ます(笑)。 

画像
ターゲットのメモリーは基板裏。さらに分解を進めます。
何か引っかかっていると思えば、WiFiモジュールの線がテープで止められていました。 

画像
4Gを認識出来ました。 


 運用中のメモリ消費余裕が50%以上となり、動作が機敏になったような感じがします。

注意:動作を保証するモノではありません。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック