北米8州横断の旅 day 1 (出発)

昨年、旅仲間との飲み会で Yellowstoneへ気ままに個人旅行したい。ついては計画(案内)してと大役を仰せつかりました。
自分としては、退職したらルート66を使い米国東西横断をと考えていましたが、現実になると自分だけの単独運転はきついな~と ほぼ諦めていた所に渡りに船とばかり、横断ではないですが、2週間8州訪問を計画、約4000km旅になってしましまいました。3組の老夫婦の旅としては、強行軍です。
画像

コースです。
右端の赤丸は、ひまわり畑を見学予定でしたが、州観光協会へ直前に確認すると”咲き乱れるピークシーズンは8月の始め”とのこと諦めたコース 

米国での運転は27年ぶり、日本での運転もほぼ無いので、わが家だけで事前にサウスダコダ州のMt Rashimore周辺観光しながら運転の練習をして、途中で向かえる計画でしたが、皆さん最初から全コース参加するとの心強い賛同を頂きました。
7/13 初日(~Denver へ)
11:45リムジンバスにて、成田へ、13:30着
 お姉さんのガイドに従い、UAカウンター電子CK-IN。途中、機械がハング。端末を変えて再トライ。
 米国滞在地、正直ベースで入力するとUNMACHでERR
 →到着地の有名ホテルが無難。
  webチエックインも写真以外の情報は事前入力さえておいた方がよいのでは、
  また、荷物も預けるのに長蛇の列。昔のスタイルの方が、さばけるのではと思うのは私だけ?。
 一息ついたので、5Fのレストランで遅い昼食を取りながら集合時間まで調整。連れを待ちます。
画像
いよいよ出発です。フライトは17;15発UA便で一路デンバーへ


・フライトは順調で、20分早くDENVERにつきました。
 紙の入国カードは無く、空港で電子チエックインで、こちらのシステムは、良くできています。すぐ完了。
 でも、面談?の審査も健在ですので、紙に書いた方が時間のロスが少ないです。楽になったのはイミグのみかな?
 スムーズに米国入国できました。
画像
レンタカー社へのシャトルバスです
予約はBudgetですが、AVISと統合した影響か混んでいます。

レンタカー(RC)
 受け取り場に行くと、混んでいます。
 早速の試練です。
1)カウンターは通常6カ所がOPEN、予備が4カ所ありますが1時間半程待たされました
2)さらにRentacars.com(日本)でドライバー3名で予約しているにも、2名で追加1名は有料とのこと。
  英文では2名となっているとのこと、追加分は$26/dayと高いが仕方なくサイン
3)チケットを受け取り、指定場所で待つも30分経っても車が配車されない。
  確認すると、該当車がまだ車庫に戻っていないとのお粗末。車種をグレードアップして、新型車を用意してくれたが、返却直後らしく未整備で汚れているし、ガソリンが1/8なのに満タン返し、カーナビも搭載済みなので、契約見直しを要求。
→なかなか話が通らず、スパーバイザーを出せと云ったら、気のよさそうなおじさんが対応してくれ、ボディに若干のへこみはあるものの、アップグレードした車を用意してくれ、やっと出発。
予定より、3時間強遅れたので、シドニー市内での買い出しを諦め、一路今夜の宿泊先である Ogallala へ4時間のドライブに突入です。
画像
予約した車です。

画像
借りられた車です。
私には、でかいサイズ CHVROLET SUBURBAN 4W
途中で水を調達

画像
凹みです。


最初のドライバーは、一番若いTさん。出だし快調です。ルートでショートパスの道もありましたが、そこは有料のバイパス道路。現地でもETCがあるようですが、RCは未払い車扱いで写真を撮られ、後でクレジット処理されるので、請求額は若干高いとのこと。10分遠回りでも迂回しろとのアドバイスを守ると、渋滞に!(笑)。
さらに1時間位走行するとCHANG OILEと警報が発生。踏んだり蹴ったりのスタートになりました。(一同、先が思いやられると思ったに違いない)
助手席の私は、車の説明書を読み始めるが、該当の説明が見つからず、早々に諦めた。

宿到着が遅くなりそうなので、夕食は トイレ休憩に立ち寄ったMACで、久々のBig mac をいただく。(美味かった) レジでの注文は、相変わらず高校生らしき若い女性の会話は判りにくい(伝わらない)。やはり、レジは優しいおばさんに限ります。
なんやかんやで、ホテル18時着予定が、22時着と大いに疲れた初日のスタートでした。 


続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント