New Toy   R2206 ファンクション信号発生器 キット組む

無線仲間が先日のhamfareで入手した戦利品、”高精度ファンクション信号発生器 DIYキット”なるものを見せてくれた。同様なものをAmazonで見つけたので、試しに購入してみた
・出力1Hz~1MHz、・正弦/三角/正方形、・9V,ケース付きと云うSpec.
なんと592円送料(税込)と"タピコカ ジュース”より安い?。納期は、発注から2週間で中華より到着。
1.JPG
早速、組み立ててみました。
・部品の欠品有無確認で仮実装(約7分)
2.JPG
・半田付け(約8分)
3.JPG
後でケースを入れ替える可能性があるので、VRは完全に半田付けしていません。
・ケースin(約10分)
加工済みのアクリル板に基盤を挟み込みネジ締めるだけですが、このアクリルの保護紙を剥がすのが大変でした。(笑)
4.JPG
・動作
 とりあえず、テスター内蔵のFカウンターで見てみました。
 おお~ 発信している。 オシロがないので、波形を確認することはできていませんが、目的の周波数(1Hz~80KHz)はOKの様です。

5.jpg
肝心の使い道ですが、Micセレクターにでも内蔵して、1 toneでSWRの確認用にでも使おうかなと。

と、楽しめました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント