1:9のUn-Unを作る その7(EFLWとして仮設してみた Step-3-最終)

ラジアル線、給電線等の引き回しは仮設step1,2で傾向が判ったので、今度はエレメント長を22mとして試してみた。参考にしたEFLW-1Kのメーカーオリジナルは13.4mですが、Low Band用には長い方が良いとあり、オプションエレメント長は以下から選択できるようです
Feet  m
44   13,4(オリジナル長)   
53   16,154(仮設した線長)
73   22.25(今回の検証長)
88   26.82
117 35.66
エレメントは、屋上のバーチカルアンテナのステーに沿わせて(赤ライン)で16.2mですが、試しに6m(青ライン)足して22.25mとしてみました。
屋上.jpg

結果は
エレメント長が半端長近くになる7MHzのSWRは帯域内はいり改善されますが、肝心の1.8、3.5MHzは 当初の線長の方がわずかに良い事、および付け足した分が階下より目立つので確認のみになりました。
16 vs 22 a.jpg

色々試した結果ですが、最初の1:9 Un-Unに16.2m長+チョークコイルでよかった様です。
ということで、リグの内蔵チューナの範囲でもHF+6mはon-air出来る事が判りましたので、ひとまず完了とします。

Step-2
Step-1






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント