Nano VNA その11 (その9 ”スマホで制御"のつづき)

Android端末からVNAを制御する”NanoVNA-Web-Client / WebApp”が動きました。
0.JPG
Nano VNA その9で、手持ちのスマホにOTG機能が無く操作できませんでしたが、家内のamazon fire HD端末ではOTG機能がサポートされている事が判りました。早速USB A→micro BのOTGアダプタを入手。ちなみにケーブルなしが100均のType Cです。micro B→USB A用の変換ケーブルは100均では見つからず、PCショップで入手したもの。
1.jpg
使ってみました。サポートされているのは
・測定点の増加 (マルチセグメントスキャン)
・NanoVNA の画面のキャプチャの取得
・s1p s2p ファイルの生成
・タイムドメイン測定
の様で、まだすべての機能は確かめていませんが、気に入ったのは、マーカーポイントをマルチで数値入力、表示出来ること。マルチバンド測定の時は助かります。

操作性が一段と改善され、スタイラスペンが不要になりました。(SWRと XLを表示中)
2.JPG

コネクタ接続部の強度改善、端末との合体方法を考えれば外でも使え、これで高価なアンテナアナライザは不要になりますね。これ専用にHD7でもポチリそうです。(笑)

参考にしたサイト
動画




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント