Kenwoodから新型? SDR HFトランシーバ ST-995sdr

Sparky's BlogによればkenwoodのSDRトランシーバーの開発プロジェクトが進行中だそうです。タイプ名がTSからSTになっているので嘘くさいですが、本当であれば楽しみです。詳細はこうご期待 http://www.cqdx.ru/ham/new-equipment/kenwood-st-995sdr/ 上が、開発プロジェクト製品、下が、現行品(2013年発売)のTS-990 …

続きを読む

廃棄 (キーボード)

細々と、不用品の整理をしています。が、人一倍”もったいない”、”いつか使う”が強く、なかなか捨てらず、さっぱり進みません。 今回は、ある部品を探していたら、奥からキーボードが2機種(写真のものとコードレスの新品)を発掘。PS2タイプのものを処分と決め、燃えないゴミとして分別することに。 当時の造りは立派です。プラ部と金属部に分解。結構なネジ数です。 後はキートップを外して終了です。…

続きを読む

新タイプのBCLラジオ

BCLラジオと云えばその昔、SONYのスカイセンサーとか、Panasonicのクーガとかが流行っていました。目的の放送局受信には周波数合わせが大変だったのを覚えています。 さて、いつものQRZ.nowで最新鋭のSDR 受信機が紹介されています。電池の持ちが気になりますが、なかなか現代風ですね。 詳細は、こちらで https://qrznow.com/the-new-silphase-r…

続きを読む

MRA ポータブルBOX

QRZ.nowで紹介されていました。 登山スタイルでの移動運用には適しませんが、車で高台へとかホテルのベランダ運用に運ぶのは最適。耐久性が?ですがおしゃれ?なアンテナ収容箱で、I***の持ち帰り家具の様な梱包箱です。

続きを読む

時代はSO3R?  R2AA IARU HF Championship 2020

コンテストに参戦するに、1名の運用者が2台の無線機を使い異なる周波数を同時に操作するSO2R(Single Operator 2 Radio)というジャンルがあります。私も一度21MHzでCQを出しながら、もう一台の無線機にて他の周波数をでマルチ探しをしたことがありますが、なかなか大変でした。 QRZ.nowによると、今回のIARU HFコンテストでR2AAが、SO3R(Single Oper…

続きを読む

ポチリました(MP-SMAJ変換プラグ)

M型コネクタの治具をnano VNAで測定したく、何段も変換コネクターを使うと測定の度にでる誤差もバカにならないで”MP-SMAJ変換プラグ”を新調しました。密林で検索すると値段差も大きい、また ミリ・インチ(UHF PL259)のネジサイズがあるので、ミリサイズと信じて以下を発注。 翌日配送で到着 ミリサイズのMJで問題なかったので、まずは安心しました。 …

続きを読む

Andromeda 100W Transceiver (FT8ビルトイン)

QRZ.nowによるとAPACHE LABSからWin 10(Core i7)ベースのトランシーバーでFT8モード他の機能を本体のみでサポートしたSDR 100Wトランシーバが発売される様です。(詳細不明) APACHE LABS  https://apache-labs.com/ QRZ.now  https://qrznow.com/andromeda-100w-transcei…

続きを読む

2m EUで5000km越えの交信

QRZ.nowによると”5000km plus opening on 144 MHz from Cape Verde Islands to Italy, Slovenia & Croatia – 2nd July 2020”と、5000km越えの交信に成功しているようです。ちなみに、私の記録は、東京→大阪吹田市(400k?)です。 詳細は https://qrznow.com/5000k…

続きを読む